呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

物産展の肴に・・ 「完がこい」

b0092678_2318453.jpg
ある日の晩酌。既にアップしてしまっている「完がこい」開栓時の日記。

熊本は球磨の豊永酒造は以前より気になってはいたが、名古屋では入手が困難であり晩酌では中々呑む事ができなかった。しかし見つけたんですよ^^。

で、早速四号瓶を三本求めてきた。一升瓶にしなかった理由は先日も書いたが、泡盛も含め米焼酎を苦手と感じる事がある私としては、どうしても慎重になっての結果だ。

肴は私の好きな百貨店の(九州)物産展で求めた、からし蓮根に椒房庵の柚子風味明太子、そして霧島鶏を塩コショウで焼いた物に柚子胡椒を添えてシンプルとした。熊本「ふくとく」のからし蓮根が旨かった。今までからし蓮根は辛いだけと思っていたが焼酎との相性が良いのだろうか。

合わせた焼酎は上記の「完がこい」を徐々に濃くしていっての水割りにて。

太鼓持さんこねくろさんが既に何度も呑まれているので周知だとは思われるが、、「完がこい」は「完」の字を囲んで「完がこい」と読ませる熊本は豊永酒造の球磨焼酎であり、これはシェリー樽で長期熟成された逸品で心地好い香りがある。

味わいは、長期熟成による円やかな中にも原酒の香ばしさと甘さがあり十分に満足できるもので、私が苦手と感じる要素がない。そのため、焼酎に馴染みのない方にも美味しいと感じるはずだ。

で、三合ほど呑んでしまった。。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-02-25 12:17 | 焼酎