呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

黄金千貫の天ぷらに・・ 黒木の「き六」

b0092678_1634222.jpg
12月22日、残すところ十日ほどとなった今年、その最後の連休初日。何処に出掛ける予定もなく昼からビールを呑んでダラダラと過ごしていたが、なんだかんだで晩酌は九時過ぎとなってしまった。

なんだかんだと言っても結局は出掛けてないので晩酌の肴は有り合わせとし、妻が烏賊の天ぷらが食べたいと言うので、先日頂いた黄金千貫も天ぷらにした。

黄金千貫といえば芋焼酎の原料としては知っていたが食べるのは初めてだ。調べると傷みが早いとあるからか、名古屋辺りでは殆ど見掛けない。まぁ、気にしてないだけで売っているのかも知れないが、食用としては他の品種が良いのでしょうね。

その黄金千貫、頂いたのが随分以前になるので傷んでいないか心配したが、ちゃんと天ぷらになった。喉が詰まりそうになったが、これはこれで美味しい。さつま芋の天ぷらは塩でなく天つゆですね^^。

酒は、晩酌では久しぶりになる黒木本店の「喜六(きろく)」。「黒木」を逆から読んで付けた銘だそうだ。我が家在庫の数本ある芋焼酎のうち、ラベルに黄金千貫とあったのが「喜六」だけであったので開けたがひとつの理由だが、他の銘柄も大概は黄金千貫を使っているんだろうな。

それと、揚げたての天ぷらには冷たい酒を合わせたかったので、ロックが旨い「喜六」を選んだ。いや“ロックも旨い”かな。。

前半はロックで、寒くなってきた後半はお湯割りで呑んだが、どちらも旨い。熟成によるまろやかな飲み口のなかにも、香ばしさと程良い甘さがあり、味わいがあるがキレも良い、と言ったところか旨い。さすがは黒木の焼酎だ。

生憎在庫はないが冬限定の無濾過も呑みたくなった。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-12-23 16:09 | 焼酎