呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

鶏からなんかに・・ 「千亀女」麦製

3月5日水曜日。何度か書いているが、今冬は芋焼酎のお湯割りの旨さに目覚めて芋焼酎を呑むことが多くなっているが、焼酎にハマったきっかけは「兼八」であり、元来は麦焼酎が好きだ。

それで麦焼酎を探し歩いては買い求めていたので在庫はかなり豊富なのだが、上記のような理由もありなかなか減らない。

肴に合わせて呑む酒を決めているといえば聞こえは良いのだが、どちらかといえば呑みたい酒に肴を合わせる事もあったりする。まぁ、その辺りはどうでも良い話ではあるが・・。
b0092678_232422.jpg
さて、本日のつまみは鶏の唐揚げ(好物で時々無性に食べたくなる)なので、麦焼酎を開けた。特に理由はないのだが、私は鶏肉には麦焼酎が欲しくなる。

開けたのは、鹿児島県は若潮酒造の「千亀女 麦製」で晩酌では初。外呑みでもあまり記憶はないので初になると思う。ちなみに麦製は白麹の白ラベルで、芋製は黒麹の黒ラベルとなる。

その白ラベル、減圧蒸留をブレンドとあったので、少々ピリッとくるイメージがあったのだが、かめ壺仕込みの効か実にまろやかで、甘味があり美味しい。味わいがしっかりしているので、スイスイ呑みやすいとまではいかないが、好感が持てる。

「兼八」とは違う感じではあるが「千亀女 麦製」も旨かった。こちらはお湯割りでも旨そうだ。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-03-07 00:47 | 焼酎