呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:泡盛( 10 )

◯田(まるた) 古酒

今更ながらではあるが、泡盛の美味しさに目覚めたのが、今年の夏くらい。

ここ数年は晩酌でも呑む様にはなっていたが、大概は「春雨カリー」で他の銘柄を色々と試す事は少なかった。

しかし、「千代泉」を呑んだ辺りから、何だか泡盛の世界が急に広がった感じで、晩酌でも色々と呑んでみたくなった。

その目覚めた「千代泉」、つづいて「白百合」、そして今回開けた「◯田(まるた) 古酒」で、今夏に入ってから3本目だ。季節柄もあるだろうが、泡盛の消費率が確実に高くなっている。

沖縄本島の最北端に位置する田嘉里酒造で造られる「まるた」。「モロミの熟成が納得いかなければ決して蒸留させない」との事。(詳しくは泡盛倶楽部の富永麻子さんのコラムをご参照あれ)

旨いね~、コレ。香ばしさがありクセが少なく呑みやすい、泡盛が苦手と思っている人にも勧めたいと思える泡盛だ。

b0092678_21304357.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-09-20 23:59 | 泡盛
7月21日、土曜日。買い物には行ったが、何だか片付け的な晩の肴となった。写真手前は分かりづらいが、チヂミ。他は、厚揚げ入りのゴーヤチャンプルーに冬瓜汁。

酒は、石垣島は池原酒造所の「白百合」をロックにて。蔵元ご夫婦と、その息子さんの家族三人、昔ながらの手作りで酒造りをしている酒造所だ。

味わいは、カビ臭いような(調べると「杉板のよう」と表現されている)独特な風味を感じるが、慣れるとクセになり中々にいける。逆に、「もう少し香ばしさがあれば良いかな」などと余裕も出てきたりして(^^;

b0092678_0103893.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-07-24 00:14 | 泡盛
六月の最終日。午前中に滞っていた支払いや買い物等を済ませた昼過ぎ、前日に買い逃した精肉店に寄ってみた。

「昼過ぎならあるかも」って話だったので、一応顔を出したら、有りましたわ。しかし、好きだねぇ~。

b0092678_22151948.jpg

そして晩。風呂上がりに先ずは「オリオン」の55周年記念復刻ビール(ホワイト)で乾杯。

レギュラーのオリオンよりは少し濃いめで良い感じ。ただ、私的にはリピートしたいと思わせる程の事もなかったかな・・。

b0092678_22424174.jpg

晩酌本番は、今夏初のゴーヤチャンプルーなんかに、「千代泉」をロックにて呑んだ。

この「千代泉」は25度と度数的には少々おとなしいが、しっかりした味わいがあり、ロックで丁度良い感じ。

〆は、お約束のこちら。遂に最後か…

b0092678_22465886.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-07-01 22:13 | 泡盛

瑞泉 青龍

b0092678_2155325.jpg

本日の肴はスベアリブの角煮。「リー」の裏メニューでお馴染みの品だ(^^;

酒は泡盛の定番とも言える(!?)「瑞泉」の青龍を濃い目の水割りにて。

美味しいね♪
[PR]
by sakenomi_don | 2012-05-28 21:01 | 泡盛
立夏もとうに過ぎ、日中には体を動かせば汗ばむほどの陽気で長袖では暑く思える程。暦の上だけでなく肌でも夏を感じられるようになってきた。

気は早いが、そうなってくると不思議と夏の食べ物を欲するようになる。

b0092678_22402459.jpg

そんな暑かったと思えるこの日、久しぶりのゴーヤチャンプルーを肴に泡盛をロックで呑んだ。

その泡盛。実は残り一合ほどの一升瓶の最後だった。買い物中からこの「春雨」を意識していたので、一合ほどでは相当に寂しかった(T_T)

甘くて香ばしい「春雨 カリー」。「泡盛はクセがあって苦手」と言うような方にも自信を持って進めることの出来る美味しい泡盛だ。

味わいは別にして、量的に少々寂しかったので、後に少し「兼八」の原酒をチビチビと。こちらも残り僅かで・・・。
[PR]
by sakenomi_don | 2011-05-15 22:37 | 泡盛
b0092678_16221245.jpg
9月13日。ワインを合わせても良い感じの料理ではあったが、泡盛を選択。宮里酒造所の「春雨」カリーをロックにて呑んだ。

熟成が三年未満の一般酒ではあるが、ロックでも泡盛独特のクセが感じずに旨い。呑みやすいのに旨い。コレは泡盛が苦手と言う人にもオススメできるね。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-09-13 23:20 | 泡盛
b0092678_22241420.jpg
8月9日、土曜日。つまみはゴーヤチャンプルー、海ぶどう、もずく酢など沖縄風。と言うことで酒は泡盛をもってきた。

泡盛好きな方には「南光」で馴染みがあると思われる、神谷酒造の「神谷」三日麹だ。

調べると、通常は二日行われる「麹かけ」を三日かけて行う、手間が掛かり管理が大変なチャレンジ的な製法とのこと。

新酒でありながら、旨味がしっかりで熟成されたような甘味もあり良い感じ。コレの古酒はどーなるのか楽しみだ。

ちなみにランチパスタが美味しかったので写真を載せときます(^_^)V
b0092678_22565352.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2008-08-09 23:22 | 泡盛
b0092678_0103474.jpg
毎度ご無沙汰しておりますが、、日中は日差しが暑く感じるようになり、沖縄は梅雨に入ったようであるし、そろそろ夏の足音が聞こえてきたかな。

そんな初夏のある日、沖縄産のゴーヤが出回ってきたこともありゴーヤチャンプルーを主菜に泡盛を開けての晩酌とした。

開けたのは「琉球泡盛 南風」。沖縄県酒造協同組合の泡盛で瓶詰日は18年6月28日とあり、購入してからほぼ一年経っている。。

それはさておき、呑んでみるとなかなかに美味しい。香ばしさがあり、ほのかな甘味を感じて、私が苦手と感じる泡盛独特の香味(上手く説明できないが(^^;)カビくさいような香りでアルコールをピリッと感じる)がなく、ゆっくりと氷を溶かしながらのロックでも美味しく呑めた。

今日は疲れのせいか酔いが回るのが早いなぁ、と感じつつ写真のグラスで二杯ほど呑んだところで、ふとラベルを見ると、アルコール分が四十三度とある。

で、今回のタイトルとなったのだが、そりゃあ酔うわなぁ^^。

でも、、ラベルを見なければ気付かないほどマイルドで美味しかったんです。。多分「名のある古酒を上手くブレンドしてあるんだ!」とひとり強引に納得して二杯と少しで晩酌を終えたが・・。

単なる味オンチ!?(^^;)
[PR]
by sakenomi_don | 2007-06-06 00:11 | 泡盛
本日は何のことはない、いつもの晩酌です。つまみは豚ロースの生姜焼きがメイン。先日購入した豆腐ようも食べようと思ったが、崩れて無くなっていたのが残念。。
b0092678_22542198.jpg
呑みは、いつものヱビスで乾杯。続いて「瑞泉 熟成古酒 40%」を半々ほどの割水で2合。燗に付けるつもりであったが何だか面倒でして、そのまま常温で呑みました。

常温では立ち上るような香りは無いが、イヤなクセも感じなく、後に香ばしさがあり、やはり美味しい。

正味1合ほどで少ない呑みでしたが今宵は満足な晩酌となりました。
[PR]
by sakenomi_don | 2006-06-15 22:57 | 泡盛
この日(5月17日)は、前日に買い求めた食材などを中心の晩酌。

魚は、ゴーヤチャンプルー、枝豆、豆腐よう、もずく酢に海ぶどう、と全て沖縄産のメニューに「オリオンビール」で乾杯。
b0092678_22484399.jpg
ゴーヤチャンプルーはスパムと島豆腐を使い本格的?で美味しくいただけました。

そして、こちらも前日に求めた泡盛、「瑞泉 熟成古酒 40% 黒麹・全麹仕込み」を合わせた。
b0092678_2249554.jpg
これは「瑞泉 白龍 8年古酒」のブレンドだが、瑞泉酒造は8年以上熟成した物しか古酒としては販売しないとのことで、まろやかに仕上がっており私が苦手な独特のクセは感じない。

先ずは、1合を割り水燗で呑んだが、バランスが良く薄く感じることは無く、香ばしくて美味しい。

想像以上の美味しさで、あとに気で少々なめてみたが、兼八を想像する香ばしさがあり旨い。

泡盛では今まで感じたことがない旨さで、結局ぐい呑み2杯ほどなめてしまった。

豆腐ようと泡盛の相性はやはり良く、泡盛の美味しさの片鱗を感じることが出来、満足な晩酌となりました。
[PR]
by sakenomi_don | 2006-05-17 23:45 | 泡盛