呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:晩酌( 188 )

牡蠣フライに「奥播磨」

秋冬の味覚の代名詞のひとつと言える牡蠣。「生」か「焼き」が旨いという方が多いと思われるが、私は「フライ」が好み。

もちろん「生」や「焼き」も旨いがどんなに新鮮でも磯くささを感じてしまうから、その磯くさい感じがあまりしない「フライ」が良い。殻付きは高いから晩酌では特にね。

そして秋の清酒の代名詞と言えば「ひやおろし」。毎秋3、4本は買っているかな。今年は「開運」、「月山」、「奈良萬」と本日の「奥播磨」で都合4本になる。

清酒は年間通して燗で呑んでいるが、ぼちぼち涼しくなってくる秋から発売される「ひやおろし」は、その熟成感と相まってより旨いと感じる。山廃ならばなおのことだ。

b0092678_23211248.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-25 23:59 | 晩酌

またまた鍋で

b0092678_2320091.jpg

昨年あたりから増えてきたと感じるがスーパーに行くとレトルトの鍋汁の種類の多さに驚く。売れるから新規取り扱いが増えているのか今年は昨年に比べると倍くらいになっている気がする。

私の子供時分は鍋の汁をわざわざ買うことはなかったが、あれだけ多種多様なら選ぶ楽しさもあり好みに合う物もあるだろう。買う人が増えている結果なんだろうね。

また当然ながら美味しいからであり、自分では作れないようなものや本格的な味が自宅で手軽に味わえるのもよい。

我が家もそう。ここ2、3年買うようになり今は当たり前に美味しいと食べている。

今宵の晩酌はそのレトルト鍋汁、福岡はマルエ醤油の博多水炊きスープを使った。

以前は博多風水炊きといえば、鶏ガラから出汁を取り半日仕事で手間をかけていたが今は市販品が色々と選べて楽だ。

もちろん以前からも水炊きスープは売っていたが、それは専門店のスープで少々高価であり手が出なかった。しかし今は2~300円程度と簡単に試すことができる。

今回のスープもここら辺りでは今冬になって初めて見たもので、他には「もつ鍋」や「よせ鍋」もある。

味は気持ちあっさり目で、私の好みの濃厚な味わいとはチョイとちがう感じであるが十分に美味しいといえる。

これらも鍋が多くなりそうな予感。
[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-24 23:59 | 晩酌

博多水炊きに泡盛

b0092678_23104145.jpg

博多風水炊きといえば、鶏ガラから白濁するまで出汁を取るために下ごしらえなども入れると、(圧力鍋を使わなければ)半日仕事となるのがつね。

ところが昨今は便利なもので市販の鍋汁が多数あり、味はヘタな素人が作るよりは余程に美味しいし、何より手間と時間がかからないのが良い。

b0092678_2372192.jpg

で今回はその市販の鍋汁、ミツカンの〆まで美味しいシリーズの「博多水炊きスープ」を用いた。

当たり前の話だが、出汁は写真のようにしっかりと白濁していてコラーゲンも浮いてる本格的なもの。

もちろん十分に美味しいと思える。本音を言えば自分で拵えた出汁の方が旨いと言いたいけどね(^^)

〆は雑炊。名前の通り〆まで美味しくいただけた。

b0092678_2310231.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-13 23:55 | 晩酌

いつもの晩酌

休肝日明けのいつもの晩酌。

先日行った高島屋の北海道物産展で求めた子持ちししゃもなどを肴に「月山 純米酒」のひやおろしを。

北海道産の子持ち本ししゃも。今回の大きさだと、一尾で秋刀魚が二尾買えちゃう高級魚なんだよなぁ。

ホントはもっと頻繁に食べたいが、チョイ無理だね(TT)

b0092678_21101998.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-12 23:59 | 晩酌

塩麹鍋に・・

米焼酎の「復刻 松鹿」をロックにて。こうじ鍋に合わせて米焼酎としたつもりだったが、焼酎って大概は米麹を使ってるよね。

鍋の元は、高山は宮川朝市通り「こうじや」の塩麹鍋。今年の二月に訪れた際に買い求めた品で消費期限は疾うに過ぎている(^^;

それはさておき、塩麹鍋。昨今流行りということで買ったわけだが、野菜がより甘く感じて美味しい。

野菜は、大根がオススメで後は好みで良いかと。大根の他には白菜、人参、小松菜に豆腐とキノコ類、肉は豚が好みだ。

合わせた酒。先回は芋焼酎たったので、次は泡盛としよう。

b0092678_12322454.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-10 23:59 | 晩酌

開運 呑みきり

妻が出掛けているので、ひとり晩酌。

途中、帰ってきた妻と共に「開運 ひやおろし」の一升瓶残り三合ほどを空けた。

三分の二は私だけどね(^^;

b0092678_2234126.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-09 23:59 | 晩酌

夏の終わりに

b0092678_858576.jpg

休肝日明け。朝晩は寒いと感じるようになってきたが、日中はまだ半袖でも良いくらいの陽気。

夏の間にはよく食べた冷しゃぶだけど、今年は今回で最後かな。

酒は、夏に開けた「三段じこみ」をロックにて。

夏の終わりに一抹の寂しさを感じたりするわけだが、哀愁を感じて、って事ではなく、入手の難しい焼酎が残り少なくなったから(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-04 23:57 | 晩酌

気分上々

b0092678_12221380.jpg

肴は、鯵の南蛮漬けなんかに、酒は、「奈良萬」のひやおろし。

旨い肴に、旨い酒。何の文句がありましょう。
[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-02 23:55 | 晩酌

鍋に焼酎

鍋は準備も片付けも比較的に楽なので良いね。

この日は納屋橋辺りの堀川端で飲んべえのイベントがあったので行きたかったのだが、妻が朝から微熱があって怠いとかで、ほったらかして一人で行くわけにも行かず断念した。

そんな事で宅呑みとなり、私でも準備が簡単な鍋とした次第。

準備と言っても市販の鍋の汁を使ったから肉と野菜を切っただけだし、結局は準備も片付けも手伝ってもらったけどね。

b0092678_1352389.jpg

酒は残り少なくなった「白玉の露」を空け、続いて先日開けた「市助」を共にロックにて呑んだ。

どちらも美味しい事に違いはないが、比べてみると「白玉の露」がチョイと濃厚で「市助」がスッキリとした印象。週末も手伝って呑みすぎたかな‥。


そして、調子の良くない妻がどうなったかと言えば、「沢山食べたら良くなったみたい」、だって(^_^;
[PR]
by sakenomi_don | 2012-09-29 23:59 | 晩酌

休肝日のつもりが・・

週一の休肝日予定のこの日。妻は夕刻から出掛けているが、休肝日にと炊き込みご飯などを仕込んであるとの事。

一人帰った訳だが、ご覧の結果。

b0092678_11221884.jpg

炊き込みご飯は晩酌後に美味しくいただいた(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2012-09-25 23:56 | 晩酌