呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:清酒( 127 )

昼はラーメンでカロリー過摂取気味であったが、散歩疲れもあり、帰ってからひと寝入りしてしまった。。しかし寝汗をタップリとかき、体重は減っているかな!?

夕方に何とか起きて、妻が買い物に行っている間に汗を流してリフレッシュ。そしてウインナー、トマトにてヱビスで乾杯。
b0092678_21494484.jpg
続いてはニジマスの塩焼き、豆腐屋ジョニー、惣菜の味噌串カツ、他におかめ納豆など、軽め?の肴に清酒を。合わせたのは長野は小澤酒造場の「十九 春 旅」純米吟醸 中取りを少し冷たい状態から常温ほどの冷やにて。
b0092678_21551452.jpg

これは春の限定酒であるが機会が無く(良い肴が思い浮かばなかったため)先日の豊盃同様、冷蔵庫にて長らく寝ていたものであるが我慢できず本日開栓した。

第一印象は濃ゆくて美味しい。少し濁りがあり、香りは温和しいが穀物を感じる力強さがあり、喉に苦み、常温ほどになると甘味がでて、後半はお酒だけでも美味しく3合ほどの呑み。香り穏やかで、燗でも美味しいと思い準備はしていたが、結局冷やで美味しくいただけた。

これは1升瓶で求めたので、次回が楽しみです。
[PR]
by sakenomi_don | 2006-07-08 22:27 | 清酒
こちらは訪問者が少ないためサボっておりましたので、久々の更新。

長らく中休みであったが明日からは本格的に梅雨に突入するようで、名古屋では蒸し暑い一日でした。そんなこの日は、やはりビールが呑みたくなる。
b0092678_2122472.jpg
ということで、枝豆とトマトにキリンの「ブラウマイスター」で乾杯。通常は飲食店の樽詰生ビールとして販売しているビールだが、数量限定販売中で普通に呑める。限定好きの私としてはやはり呑まないと。。軽くフルーティーで、軽く苦みがあり、呑みやすいです。

そして晩酌本番は、鯛の煮付けなどに「大黒正宗 しぼりたて」を冷やにて2合ほど。
b0092678_21421776.jpg
「大黒正宗」は、ずっと呑みたいと思っていたが、名古屋で見つけることができなく、通販では手に入らないため呑めずにいた。しかし、先日大阪に行ったときに、こねくろさんに案内していただいた「かどや酒店」にて念願叶って入手できたもの。

私が清酒を好んで呑むようになったのは、ここ1~2年のこと。以前は宴会の旨くない(アルコールくさい)酒というイメージであり、居酒屋で生酒の冷酒を飲んで美味しいとは思ってはいたが、飲みすぎでひどい目にあったこともあり(自業自得だが・・)、焼酎ブームで焼酎ばかり飲んでいる時もあり、清酒を好んで飲むことはあまりなかった。そんなところであったが、純米吟醸の冷酒を飲んで美味しいと感じるようになり、もっぱら甘くて薫り高い清酒を飲んでいた。

そして、ヤフーでブログをはじめたのが2005年の2月。それから色々な方との交流の中で、美味しいお酒を知り、以前はアルコールくさいと感じて飲むことができなかった燗酒を好んで呑むようになった。ブログをはじめていなかったら未だに燗酒は呑んでいなかったような気がします。

以前は、メディアなどの影響もあってかピュア嗜好があり、本醸造酒などのアル添酒に嫌悪感を持っていた。(ビールも焼酎もしかり。。)しかし清酒になれてきたのか、燗を呑むようになったからか、その様な偏見も無くなってきたのが、ここ1年ほどのこと。

そんな折に太鼓持さんの記事を拝見して興味をもった「大黒正宗」はアル添である。世間には、未だ純米偏重のきらいがあるようにも感じるが、ここの蔵には、そんな偏見は何処吹く風で、美味しいと信じることをするだけという潔さを感じて好感が持てる。

かなりそれてしまったが、とろりとして程良い甘味ありどれだけでも呑めてしまいそう、という感じがあり美味しい。

今回は冷や(少し冷たい~常温ほど)で軽めの呑みであったが、時間経過と燗で、どのように表情を変えるのか楽しみである。

などと言っている私。。ブログをはじめる前とは別人です^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2006-06-14 23:31 | 清酒
昨日は、一昨日に続きパンターニ(こちらはパンターニのアイドル、ユキちゃんのブログ「パンターニっき」)に行ってしまいカロリー過摂取ぎみ。。

と言うことで、本日は軽めの晩酌。肴は鰹(千葉産)の刺身、アサリ(愛知産)の酒蒸し、肉じゃがに、刺身で頂ける桜エビ(静岡産)の素揚げと軽め。かな・・。

呑みは、和歌山は名手酒造店の「黒牛 純米吟醸」を燗にて2合ほど呑みきり。
b0092678_22431789.jpg
最初は目を離したすきに少々高めの燗(50度弱)になってしい、次に人肌ほどの燗で。高めでは酸味を強く感じたが、人肌燗では私の好みの甘味があり、ほのかな酸味で美味しい。

肴が美味しく、少々呑み足りないので「ニャンカップ」をカップ燗で。
b0092678_22435983.jpg
これは「志太泉」純米吟醸八反35号のワンカップならぬニャンカップ(^^;)

ぬる燗では、私のイメージする静岡酒とは少々違い、ほのかな酸味があり、どちらかというと辛口と感じる。

力強さでは「黒牛」に敵わない感もあるが、桜エビと肉じゃがの少し冷めた残りと一緒に呑むと美味しくてスイスイ入ってしまい、5分と保たなかったです。。

以前呑んだ「志太泉」はここまで美味しく感じることは無かった記憶ですが、今宵は満足。なかなかの晩酌となりました。
[PR]
by sakenomi_don | 2006-05-14 22:46 | 清酒
本日は昼過ぎから栄に買い物へ行きました。特に目的は無く、妻の付き合いとあとに百貨店をブラブラと。夕方デパ地下に行くと、やはりやってるんですね、商品をまとめての安売りを。安かったので多めに買っちゃいました。

買ったのは、福島県産のひらめのお造り、石川県産の真あじの刺身、和歌山県産の本鮪の刺身と他に野菜などで、刺身は共に天然とありました。

今回は珍しくビール無しで清酒からはじめて、先ずは、和歌山県産本鮪にと「黒牛 純米吟醸」を冷やにて2合ほど。
b0092678_0474451.jpg
「黒牛」があまりに美味しく勿体ないので、続いて石川県産のひらめにと「宗玄 純米」を極ぬるい燗にて2合ほど。とは言っても厳密に合わせて呑んだ訳ではないですよ^^;

どちらも旨いです。この2銘柄に特別な表現はいらないですね。あえて言えば刺身との相性が抜群でした。

肴は他に、豆腐屋ジョニーと、ひらめの骨に身が付いていたので、それをよく炙った物に、あいにく福島の清酒は無いので「秋鹿 雄町80%」を人肌ほども燗にて1合強呑みきり。こちらは先の2銘柄とはステージが違う感もありますが十分に美味しく頂けました。

今回の刺身は全て切り盛りでしたが、なかなかに美味しく、お酒は文句なし。本日は良い晩酌となりました。
[PR]
by sakenomi_don | 2006-05-07 23:45 | 清酒
暑かったこの日。名古屋でも30度近くまで気温が上がり、Tシャツでも汗ばむほどでした。
東京では30度を超えたとか・・。天気も良いし何処かに出掛けたいものです。

実は、4月30日に妻の友人の結婚式が掛川であり、それに同行して静岡観光でもと思い、1・2日と休暇を取っていたが、とある理由でお流れ。。予定もない寝GWとなりました。ふらっとドライブでも行こうかな。。

暇をもてあました本日。在庫が豊富にあるにもかかわらず、贔屓の酒販店巡りをし、またまた数本のお酒を買ってきてしまった。最近妻がほとんど呑まないこともあり、開栓済みの清酒1升瓶が2本、焼酎が10本ほどある。いくら焼酎でも開栓して時間が経てば劣化しますよね。。でも、案山子を見つけたので、まぁ良いかな。

そして夕方、開栓済みの清酒を呑まねばと思い、刺身などの肴を買ってきた。

肴は、焼津産鰹のタタキ、長崎産天然真鯛の湯引き、他にジョニー(男前豆腐)、酢の物などに、開栓済みの秋鹿を呑むつもりでした。。
b0092678_11401223.jpg
が、焼津産の鰹には静岡の清酒かなと思い。あいにく磯自慢は無いが、掛川の清酒「開運」無濾過純米を開けてしまった。

今日は暑いこともあり、冷やで1合半ほどの呑み。少し冷たい状態では、無濾過らしく力強さを感じて後に甘味が少し。常温ほどでは幾分落ち着きが出てまろやかになり、甘味があるがしっかりと味がある感じで、やはり旨い。今回は少ない呑みとなったが、これも萬年同様、暫くすると格段に呑みやすくなるような気がします。

しかし、以前にも感じたが薬味たっぷり(今回はおろし生姜と新玉ネギ)の鰹のタタキには、甘味を感じる清酒は合わないような気がします。香り穏やかで、しっかりしていて、合うと思ったのですが、体調のせいかなぁ。。

とは言え、それぞれ美味しく満足できた晩酌でした。
[PR]
by sakenomi_don | 2006-05-01 23:38 | 清酒
寒の戻りで少し寒いですが、名古屋では桜も花が散りすっかり葉桜になりました。春ですねぇ。

そんなこの日、久しぶりに新規外呑みに行きたいとローカル雑誌を引っ張り出して思案していたところ、夕方急に妻が出掛けてしまい、お流れ。。

仕方なしに、ひとりでとぼとぼと買い物に行き、ひとり晩酌となりました。

肴は、石川県で加工された(ロシア産)縞ホッケの桜干し、米なすの土佐煮、里芋の塩ゆで。桜干しははじめて食しましたが、良い香りがして美味しいですね。
b0092678_1144579.jpg
合わせたのは、石川県の銘酒「宗玄」純米酒の火入れ。これは年の初め頃に求めたがなかなか開栓する機会が無く常温で放置していた物で、やっと呑めたという感じ。

先ずは冷やで。最初に少し辛く、甘味が残る感じでしっかり味がある。次に極ぬるい燗で。今度は甘味がきて、喉に辛く力強く感じて、美味しい。バランスが良い感じです。山田錦100%でも色々あるんですね。

ひとりでしたが、酒も肴も美味しく、なかなかの晩酌となりました。
[PR]
by sakenomi_don | 2006-04-22 23:42 | 清酒
b0092678_12183662.jpg

本日の晩酌は私としては軽めの肴で。呑みは、たまには名古屋の清酒「醸し人 九平次」の雄町を冷やで4合。一人で呑んでしまった為、かなり呑みすぎ・・。

みなさんこのお酒はご存知と思われますし、眠気がピーク!!寝ることとしま~す。

お休みなさい♪
[PR]
by sakenomi_don | 2006-04-13 23:16 | 清酒