呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ビール( 51 )

b0092678_11413334.jpg4月11日金曜日。新年度早々に頻繁ではあるが、妻の都合に合わせ昼から休みを取った。

午前中にトラブルがあり少々遅れてしまったが、一人出掛けていた妻と名古屋高島屋で待ち合わせて北海道物産展へ。

腹が減っていたので先ずはイートインのラーメンを食べ、取りあえず腹はふくれて満足。平日から人出の多さに驚きながらも後に物産展を見て回り、コロッケと鵡川産の生干し本ししゃも(雌)、そしてデパ地下で惣菜や野菜などを求めバスにて帰路へと。外は風が強くて少々寒かったが、バスの中はポカポカで気持ちよく寝ることが出来た^^。

何とか目を覚まし無事帰宅。ひとっ風呂浴びて早速ながら物産展のコロッケにビールで乾杯した。ビールはこちらも物産展で求めたアサヒの北海道限定「北の職人 長熟」を。

「北の職人」は以前に「長熟」でないノーマルを呑んだことがあり、あまり過剰な期待はしていなかったのだが、「長熟」と言えどさして印象は変わらず。比べるとコクが増した様に思えるが、やはりアサヒだな~と思わせるスッキリとした印象であり、夏にゴクゴク飲るには良い感じだ。

熟成期間を3割長くしたそうだが元々アサヒは熟成期間が短いのか、それとも酵母なのか、私の好みではない。

晩酌本番は、物産展のししゃもと惣菜の筍木の芽焼きなどに「田酒」を燗にて。
b0092678_1247188.jpg
そこら辺のししゃも(所謂樺太シシャモ)は苦味が強いと感じるが、こちらは苦味や臭みがなく、やはり美味しい。まぁ、十倍ほどの値段の差がありますからね。(京都の)惣菜の筍は、何か分からないのだが練り物が挟んであり(^^;)美味しい。

合わせた「田酒」は月曜に口開けしたばかりであるが、口開け在庫の中では一番北海道に近かったため。少々熱めの燗につけてもしっかり感があり美味しくいただけた。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-04-13 13:41 | ビール
b0092678_23282369.jpg
3月24日月曜日。翌日に半日ドックを控え呑みは軽めにビールをメインとし、つまみは何となくドイツ風に。

ドイツ風と言ってもドイツ料理は愛知万博でちょいと味わったことがあるだけであり、ほぼ未経験。あくまで何となくであり、ジャーマンポテトに(静岡は米久の)ジャーマンフランクなど簡単に。

そしてビール。先ずはドイツビールの「ヴァルシュタイナー」を。初呑みとなるが、爽やかな中にもしっかりした味わいがあり旨い。流石にドイツのビールだと思わせる香味だ。

b0092678_2354399.jpg続いては茨城の地ビール、「常陸野ネストビール」のヴァイツェンを。

バナナ様な甘い香りがあり、しっかりとした味わいで少々温度が上がってもへこたれずにゆったりいただる感じがあり旨い。

今まで呑んだネストビールの中では、これが一番かも。

呑みは後に「コンチャイトロ」のカベルネソーヴィニヨンを一杯で〆とした。軽めでしょ??

後から知ったのだが、案内を読むとドック前日はアルコールや刺激物は控えるようにとある。休肝日にするべきだったかな。。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-03-27 00:29 | ビール
b0092678_22312096.jpg
3月23日日曜日。久しぶりのランチビールは一寸小粋に(←何処がだか^^;)、江戸時代には江戸の台所として栄えた埼玉川越、通称「子江戸」の地ビール、「COEDO」を呑んだ。

初呑みの「COEDO」になるが、先ずはピルスナーの「瑠璃(Ruri)」から。爽やかな香りと飲み口、しっかりした味わいで、これはなかなかだ。
b0092678_22502937.jpg
続いては「伽羅(Kyara)」で、赤みがかった黄褐色、伽羅(きゃら)色のビールということで名付けられたとある。

少々温度が上がっても楽しめるともあるので、「瑠璃」と共に冷蔵庫から出し後にゆっくりと呑んだが、こちらもなかなか。

琥珀ヱビスのような濃厚さはではないが、それがバランス良く美味しくいただけた。大手のビールに比べれば少々高いが、これはリピートしても良いな。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-03-25 23:19 | ビール
2月25日月曜日。妻が旅行に出て三日目。料理好き(?)の私ではあるが、さすがに仕事が終わってから買い物をして料理をするのは面倒だ。

それで久しぶりにひとり外呑みと行きたかったのだが、郵便物の受け取り期限であり仕方なしに真っ直ぐ帰宅した。前日の料理が食べきれずに残っていたので丁度良いのだが・・。

b0092678_20434966.jpg最近は呑まない日もあるが先ずはビールから。

ベアードビールの季節限定「ブラウマイスター ボック」を呑んだ。

これはラガービールとあり、キリンラガーのようなスッキリとしたイメージで求めた品。

しかし、ラベルをよく見るとドイツスタイルのボックビールとあり、原材料は麦芽、大麦、糖類、ホップとある。

ドイツスタイルに副原料があるのは、「どうなの??」という気もするが、その辺りはよく分からないので(^^;

香りはフルーティーで甘味があり濃厚で、寒い今の時期にゆったりいただくのに丁度良い感じだ。
b0092678_022188.jpg
そして晩酌本番。といっても肴は前日の残りで、ブリ大根に駅弁フェアの柿の葉寿司。一人では食べきれなくて・・。

酒は地元愛知は山崎合資会社の「焚火 無濾過原酒」を燗にて。この「焚火」は一月の終わりに口開をけして、三、四度の晩酌で呑みきった。

味わいは基本辛口なのだが十分な旨味があり、地元贔屓を差し引いても美味しい。口開けからひと月、製造年月は(07’1)なので熟成もあり味の乗りも十分かな。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-02-26 21:42 | ビール
b0092678_20545555.jpg
年末からいろいろとあり、思うような晩酌が出来ずに少々苛立っている今日この頃であるが、実は本日から妻が関東方面に旅行に出掛けており、今晩もそうだったりする。。

その晩飯。金曜の仕事帰りに大須の沖縄ショップで求めた食材とビールで簡単にすませた。

名古屋以外の方は大須と言っても分からないと思うが、地下鉄の大須観音と上前津と矢場町の内側にある、東京で言えば浅草と秋葉原と巣鴨と町田または渋谷(後半は微妙です・・)などが集まったようなところと言えば良いかな。

古くは名古屋城の城下町で栄え、明治、大正と、随分賑わったそうだが、私の知る昭和後期や平成初期などは少々寂しい時期もあった。

それ以前は知らないが「ラジオセンターアメ横ビル」から始まり、当時は訳の分からないパーツショップ(電パチなんかが売っていた)がありマニアックな町の印象があったが、ウインドウズが発売されパソコンの自作が出来るようになると、自作パーツを扱うショップが建ち並び一大電脳街になった。その頃はオタクの町として賑わったが、現在は大手量販店などの影響か電脳街としては縮小傾向かな。。

そしてパソコンショップが少しずつ減っていくと人出も減り、どこにでもある衰退気味な商店街という時期もあった。しかし、安い賃貸料と栄から2駅の立地を生かし、若者の(というか個性的な)商店主を呼び込み古着やオリジナルアクセサリーなどのショップが出来ると人出も徐々に戻り、人出が増えるとショップも増え、現在、土日などは凄い人出がある。

まぁ、どうでもよい話ではあるが、大須観音に大須演芸場、がらくた市、電気街に古着街に若者が集まるようなショップ(私は何で若者が来るのかよく解りませんが・・^^;)と、大須は狭い中にいろいろ集まった面白い町になりましたよ。

晩飯の話に戻すと、、上記沖縄ショップでオリオンビールの季節限定ビール「いちばん桜」を見つけたのでそれを、ついでにラフテーと豆腐ようを求めておいたので今晩はそれらを使った。

この「いちばん桜」は麦芽100%ということもあり求めたのが、キレイな桜のラベルで『沖縄はもう桜(ソメイヨシノ)が咲いているのか~』などと勘違いしたのもある。。

調べると、沖縄では桜と言えば緋寒桜のことで正月を過ぎると次々と色づくようであり、こちらは年末からの限定品でした(^^;

さて味わいは、ヱビスのイメージからすると、思ったほどの濃さと薫りは無いが、かといってオリオンの親分のようなアッサリ、スッキリといった感じもなく中々いける。

つまみはラフテーだが、量が多いため一切れ残して、後は野菜とチャンプルーした。豆腐ようは「うりずん物産」のものを求めたが、紅麹を使い華やかで少々クセのある薫りがあり、あまりにも濃厚なため半分ほどはクラッカーにのせて食べた。

泡盛は土産の「あわもり 味くらべ」を、気か少々の水で割って呑んだが、こんなのしか無かったんです(^^;

*ちなみに大須商店街のホームページはこちらです。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-01-20 22:47 | ビール
1月5日、土曜日。年末からの旅行疲れもあってか妻がインフルエンザに罹ってしまった。私は今のところ大丈夫だが、ずっと行動を共にしていたので少々心配ではある。予防接種を受けてはいないので、みかんをたっぷり食べて予防するとしよう^^。

そんなこともあり晩飯に少々困っている。3日は休刊日としたので何でも良かったが、仕事始めの昨日(4日)からは適当なつまみでの晩酌となっている。昨日は仕事帰りにスーパーに寄り刺身などを求めて肴としたが、刺身が不味かった。。考えてみたら市場は今日からか!?

そして本日、外呑みか買い物にでも行けば良いのだが、どうも面倒で有り合わせのつまみにビールを呑むことにした。と言うか、ビールが呑みたくてつまみを合わせたと言った方が正解になる。
b0092678_2325688.jpg
そのビールは、静岡県沼津の「ベアードブルーイング」の冬季限定品「やばいやばい ストロングスコッチエール 2007」であり昨年に続いて呑んだ。

ストロングスコッチエールの伝統的な製法を遵守し醸造したとあるこのビール。濃厚であり、高アルコールのため、寒い今の時期にゆったり呑むには丁度良い感じだ。などと言いながら昨年は夏に呑んでいるが・・・。
b0092678_23251534.jpg
続いても「ベアードビール」の冬季限定品である「ウエストコースト ウィートワイン 2007」を。ラベルには「80年代にアメリカ西海岸で生まれた新しいビアスタイルで、小麦をベースに麦芽1割の代わりに氷砂糖を加え、ベルジャントリプルのような風味も醸し出している」とある。

ベルジャントリプルについては詳しくないが、、写真のように殆ど泡が立たない、独特の甘味のあるビールだ。アフターに甘味と共に苦味が残り私好みの味わいではなかったが、食後のデザートビールといった感じで呑む分には良いだろう。

つまみは、カマンベール、ソーセージ、それぞれオーブン焼き、それに冷凍コロッケで満腹となった。オーブン焼きが二品あるのは、温めたオーブンに一品だけでは電気代が勿体ないと思ったからだ。それから、キャベツの千切り幅が5mm、いや1cmくらいあるのは見なかったことにしてね(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2008-01-05 23:28 | ビール
b0092678_23265784.jpg
11月23日、お昼。今年で二年目になるヱビスビールの限定醸造「琥珀ヱビス」を呑んだ。昨日求めたが休肝日にて我慢していた例のアレです(^^;

ホームページを調べると、通常の麦芽に加え厳選したクリスタル麦芽を使用して、アルコール度数を少し高め、琥珀色で深みのある味わいを実現したとある。

アンバー(琥珀色)ビールというスタイルの「琥珀ヱビス」。昨今流行り?の開くような華やかな香りはないが、これからの季節に少し高めの温度でゆったりと呑むのが似合うビールかな。私はゴクゴクと呑んでますが(^^;

微妙な違いで気づいた方は居ないと思われるが、の写真右のヱビスは去年発売されたもの・・。

一年も経っている(それも常温で・・)ので本来の香味ではないのだろうが、比べると去年の方が華やかで濃厚に感じた。少々酸味が強いように感じたので、この辺りが劣化なのかも知れないが、これはこれで美味しかった。

しかし、ビールを一年も取っておくなんて、通の方からすると勿体ない馬鹿なことをしているんでしょうね。。今度はせめて冷蔵庫で取っておくかな(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2007-11-23 15:25 | ビール
b0092678_2333927.jpg
11月21日。妻が臥せっているため仕事帰りに買い物をして帰った。

と、少々大げさに書いたが、風邪と花粉症で頭痛がするため家事をする気力が無いとの事。それで外で呑んでくるようにと言われたのだが、病人を放っておいてひとり呑むのも気が引けたので結局買い物をして帰った。

近所のスーパーに寄ったのだが、「そう言えばテレビで宣伝していたアレがそろそろ出ているのでは!?」と、酒売り場を見て回ると“アレ”は未だのようで“コレ”が発売されていたのを忘れていたことに気付いた。

アレ、コレと分かりづらくて申し訳ないが(^^;)コレとはタイトルの「一番搾り とれたてホップ」の事。通常の一番搾りと直接比べていないのでハッキリしたことは言えないが、爽やかで軽い感じで呑みやすかった。

そして、病人用には味噌煮込みうどんを作り、私もしっかりと食べて腹一杯。。で、アレはいつ発売だったかを調べるまもなく寝てしまった。

さて、アレとは何でしょう(^^)
[PR]
by sakenomi_don | 2007-11-21 23:31 | ビール
b0092678_23105561.jpg
休日は昼から呑むことが多いこの頃。。。。この日はイタスパに「ギネス ドラフト」を開けた(^^;

イタスパとはイタリアンスパゲッティーの略で名古屋ではコレが当たり前だが、全国的にはナポリタンの、要はケチャップ味のスパゲティーであり、もちろんパンターニには無い(^^;

イタスパは鉄板に玉子を敷いてその上にのせるのが名古屋では普通であるが、今回は皿に玉子を溶いてレンジでチンをして少々手を抜いた。

って、どーでも良いことだが(^^;

ちなみに「ギネス ドラフト」、呑み始めたのはここ二、三年であるが現在は我が家の冷蔵庫に必ず入っている定番となった。美味しいね♪
[PR]
by sakenomi_don | 2007-06-10 23:11 | ビール
b0092678_2385761.jpg
休日は昼から呑むことが多いこの頃。。。この日はフレッシュトマトとバジルのパスタにベルギービール「サン マルタン」を開けた。

パスタは生のトマトとバジルをたっぷりと使い満足な出来。そーいえばパンターニに通い出した頃にメニューにないコレを作ってもらったなぁ。

ビールはベルギー特有のスパイスとパスタのガーリック、バジルとの相性が良いのか↓と違いパスタにも合って美味しく呑めた。ただし、私だけの味覚か、妻は首をかしげておりましたが・・。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-06-10 23:09 | ビール