呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0092678_17175899.jpg
神戸旅行二日目の21日。朝はホテル30Fスカイラウンジの朝食バイキングで腹一杯になったが、前日呑みすぎたのかいつもよりは食べられなかった気がした。。これを見た妻が何というか気になるところだが、あくまで「いつもよりは・・」ということだ。旅行の時の朝食って美味しくて食べ過ぎてしまいませんか?

この日は20時前の新幹線で帰る予定であり、朝食後ホテルの周りを散歩などしてチェックアウトまでゆったりと過ごした。

昼は、神戸といえば神戸牛?ということで、妻の友人から教えていただいた北野坂の「あぶり肉工房 和黒」に行った。ここは写真のように目の前の鉄板で焼いてくれる店で、この様な店に行きたかった私としても嬉しい選択となった。
b0092678_17181176.jpg
注文は、一人2,500円のランチコースで、サラダ、120gの但馬牛のサーロイン、野菜や豆腐などに御飯と味噌汁が付く、お得と思えるコースだ。

昼とはいえ、美味しいステーキを目の前に酒を呑まないなど考えられない私たちではあるが、お財布と相談してグラスワインで我慢した。

肉の味はもちろん、目の前のパフォーマンスのためだけでは無いと思うが、柔らかくて美味しい。野菜なども美味しく、私は御飯をお代わりしたが、妻は御飯を食べずにワインをお代わりしていた。。

パフォーマンスも含め味も雰囲気も良く満足できる店であった。しかし、解っていただけると思うが、ランチとしては破格の支払いでした(><)

支払いに驚いて少し放心状態で店を出たものだが、出発までには時間があるため、気を取り直して、灘まで足を伸ばすこととした。
b0092678_17182061.jpg

目的はこの酒販店で大黒正宗を求めるためである。この写真で分かる方いるかな?

ここでは思う存分試飲させて頂き、送ってもらえば良いことであったが、4号瓶を3本求め抱えて帰った。ご主人は不在のようで奥様に対応していただいたが、良い方であり感じの良い店に感じた。考えてみれば、灘にあって灘の大手蔵の清酒の揃いが少ないのも面白い店に思う。

後に近くの大手蔵を少々見学して灘を後にした。

そして、元町に行き南京町などを散策して豚まんを食べ、三宮の百貨店内の蓬莱551で焼売など、新神戸駅のキオスクでヱビスを買い込み帰路についた。昼に頑張ったため夜は新幹線内の宴会で我慢したが、それも良いものだ。

我が家の旅行はあまり下調べをせずにバタバタになることが多いが、今回は総じて良い旅となった。神戸にはまた訪れたいと思う。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-01-28 17:16 | 日々あれこれ
b0092678_17151369.jpg
21日深夜。三宮での呑みに満足しつつ、ポートライナーにてこの日の宿泊先へと向かった。

ホテルは神戸ポートピアホテル。ポートピアホテルは二度目の宿泊で、前回訪れたバーに再訪するのも楽しみであった。

ホテルのバーというと私には近寄りがたい感があり、今まであまり行くことは無かったのだが、ツアーで宿泊するとワンドリンクサービスのクーポンが付くため行ってみたところ、近寄りがたいイメージなど無く、とても感じの良いところであった。
b0092678_17152653.jpg
先ずは先回呑んで美味しく楽しみにしていた「ラスティネール」。ベースのスコッチが良いのもあると思うが、これが美味しくて楽しみにしていた。この簡単なカクテルで変な話と思われるかも知れないが、美味しくない店もあり、ここのバーテンは腕が良いのだと思う。まぁ、単にスコッチの好みだけの事かも知れないが・・。

妻は赤ワインベースのロングカクテルを。名前は忘れてしまったが2色に分かれてキレイであり美味しかった。
b0092678_17153748.jpg
続いては「マティーニ」、妻はブルーのカクテル(名前失念)で、どちらも美味しく満足なうちに神戸の夜は更けていった。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-01-28 17:13 | 日々あれこれ
b0092678_1793410.jpg
1月21、22日は、毎度妻の付き合いのMISIAライブのため神戸に行った。ライブは最前列の少し左と良い席だったこともあり十分に楽しめた。

そして夜は私に付き合って貰い夜の町へ。今までは妻の友人との飲むことが多く、事前に探しても無駄になることがあり下調べはしていなかったのだが、今回は友人と約束していないとのことで、宿にタクシーで帰れる距離の三宮まで行き探すこととした。
b0092678_1795268.jpg
日曜の21時過ぎということもあるのか裏通りは閑散としていたのだが、なかなか感じの良い店を見つけた。中を覗くと客は一人もいないため少々心配ではあったが、先付けが出たときにその必要はないと感じた。

行ったのは三宮から北野坂を少し行き一筋入ったところにある酒菜屋「富(FŪ)」。本来は「富」の字の草冠の端を伸ばした字となり「ふー」と読ませるようだ。
b0092678_17102595.jpg
先ずは生ビールで喉を潤し、矢継ぎ早に肴を注文して清酒を呑んだ。

酒は、奧播磨が十種類以上あり他にも数種の清酒と焼酎がある。これだけの奧播磨を見たことはなく、清酒はこだわりの奧播磨から、「17BY 袋しぼり29号」を燗にて頂いた。燗が旨いなぁ、奧播磨。

そして写真の刺身がどれも旨い。中でも鰤が絶品で、大将に『四国の出身?』と聞いたほど鰹のタタキも、瀬戸内のハリイカ(ヤリイカ)も旨かった。
b0092678_17104353.jpg
肴は他に、ハリイカの天ぷら、日向鶏の炙り、写真の小鰺の南蛮漬けなどに、続いては「高柿木 気酛 24号」を燗にて。ずっと呑みたかった銘柄であったが、やはり旨いなぁ。

実はコレもあったので四国の出身かと尋ねたのだが『神戸の人間ですよ』とのお答え。「高柿木」については『元奧播磨の杜氏さんですから』とのこと。なるほど!
b0092678_1711257.jpg
肴はどれも満足のいく品で、こちらは野菜の天ぷら、漬け物の盛り合わせなどに、酒は「旭 若松 純米吟醸三年熟成」を燗にて。いや~、旨いなぁ。(旨いばかり^^;)

〆に妻が梅茶漬け、私が冷やでスッキリした清酒をグラスでと注文すると『冷やと言っても冷蔵庫に入っているので冷たいですよ』との返答。嬉しいですね、秋鹿を頂いたがスッキリ美味しかったですよ。

この日、ついに他の客は来なかったが、三宮北野坂の「富(FŪ)」。必ず来訪したいと思う良い店だった。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-01-18 17:06 | 日々あれこれ
b0092678_1752224.jpg
久しぶりの更新。。

今宵は洋食、ハンバーグをメインにイタリアワイン「MICHELE CHIARLO社」の「BARBERA D’ASTI」を呑んだ。

格付けはDOCのようだ。私は全くと言っていいほどワインの知識がなく、イタリアワインはどこが銘柄なのか地方なのか格付けなのか解らないほどで、また間違っているかも知れないです^^;

それはさておき、このワインは開栓するとフルーティーで良い香りがする。私の表現力の無さが悔しいが味も良く、スイスイと呑めてしまった。
b0092678_1753298.jpg
美味しいワインを二人で一本では少々呑みが足りなく、食後酒的に我が家とっておきのラムをロックにて一杯。

熟成された良いラムは、甘い酒好きの私にも美味しく呑める。このボトルカバーもそろそろ無くなるんじゃないかな。。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-01-18 17:04 | ワイン
b0092678_1703870.jpg
1月4日。仕事始めの晩酌は、前日に夜なべして仕込んだ(^^;)鶏ガラスープを使っての博多水炊きを主菜とした。

我が家で水炊きといえば、昆布出汁で鶏のぶつ切り肉などを少々煮込み、それに白菜など好みの野菜を入れた物を、もみじおろしを入れたポン酢で頂くのが定番であった。

テレビで観ることはあっても博多水炊きを家で食べることは考えたことが無かったが、太鼓持さん宅では本格的な博多水炊きを普通に食べられているし、実に旨そうである。そして丁寧なレシピを公開されていたこともあり、我が家でも作ってみた。

先ずは、スープに塩を少し入れて味わってみる。美味しい♪自画自賛(^^;
b0092678_1715434.jpg
そして、肉を先に頂くのが博多風とのこと。美味しい(^^;

続いて好みの野菜を入れ、ポン酢を出汁で割ってつけて頂く。美味しい(^^;

ちなみに野菜は、白菜でなくキャベツが博多風とのこと。折角の出汁が水っぽくならずに甘くて美味しい。色が出るので春菊は入れない方が良いのかな。

好みでゆずこしょうを使うのも良い。写真のゆずこしょうは湯布院の醤油屋の品。こちらも本格的なゆずこしょうで、かなり辛いが美味しくてオススメ。
b0092678_1721875.jpg
〆は当然に雑炊である。出汁がたっぷりしみた雑炊が旨いこと(^^;

雑炊で出汁は全て無くなってしまう。少々手間は掛かるが博多水炊きは旨い。未体験の方は一度お試しあれ♪最後になってしまったお酒。水炊きに合わせるには焼酎が良いのかなぁ、とも思ったがこの日は清酒が呑みたい気分であり、兵庫の「竹泉 木桶仕込」を冷酒から少し冷たいあたりの冷やで合わせた。

ラベルを見ると、全量山田錦を使用して70%で醸した純米酒を瓶囲生詰無調整にした品のようだ。

今回はほぼ冷たい状態で呑んだので本来の香味ではないかも知れないが、それでも肉に負けない旨味十分であり、木桶仕込を感じる香りも程良く美味しく呑めた。

温かい鍋に冷酒が心地好かったのもあり四合ほどと、仕事始めから少々呑みすぎた。

自制が利かないなぁ。。今年も相変わらずだ。。。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-01-04 23:58 | 清酒
b0092678_16574468.jpg
一月三日、正月休み最後の晩酌は清酒で締めたかった。考えてみると休み中は色々あり清酒を新規開栓していなかったからだ。

正月らしく晴れ晴れしいお酒を開栓したい気もあるが、あいにく我が家にその様な在庫があるはずもない。。それに、肴はおせちの残りと刺身の切り盛りで、ちと寂しい。。

何だか正月早々愚痴っぽくなってしまったが、そんな気分を晴らしてくれる清酒「高砂 山田錦 純米 13BY」を開けた。

これは販売店では冷蔵庫に入っていたが、現在我が家の冷蔵庫の中には3本の一升瓶が入っているのでそれ以上は無理であり常温で置いていた。暖房しない部屋で冬の寒い時期でもあり、それに13BYは少々ではへこたれないだろうとの考えもあっての事ではあるが・・。現在は冷蔵庫に入れてあるがコレは常温でも平気そうに思える。

晩酌の少し前にキッチンに持ってきて、少し温度の上がった冷やで呑んだが美味しいなぁ。燗上がりするだろうなぁ。

しかし、今宵は冷やのキッチリ二合で打ち止め。気分も晴れ晴れで明日からの仕事も頑張れるといったところだ。

と言いつつ、こんな夜更けにブログを書いてて大丈夫なんでしょかね(^^;

実は今、鶏ガラスープを仕込んでいるので、明日の晩酌は水炊きです♪
[PR]
by sakenomi_don | 2007-01-04 01:57 | 清酒
b0092678_16555856.jpg
「みなさ~ん!呑んでますか~~♪」

井上陽水風の出だしですが、、正月も三日ですね。そろそろ呑み疲れている頃ではないですか??

私は言えば、年末年始の胃痛も何のその、胃腸薬を飲みながら相変わらず呑んだくれております(^^)v

本日の昼酌。先ずは「琥珀ヱビス」で乾杯。
b0092678_16561387.jpg
続いて、鹿児島は国分酒造の長期熟成麦焼酎「極呑」を少々。

これは、見てお分かりのとおり銘柄に惹かれて(^^;)求めた、麦と麦麹を樫樽で五年熟成させた逸品。

本当は焼酎を極めてから呑むつもりであったが、それでは何時まで経っても呑めないので、正月ということもあり開栓した。

気では、とろりとして甘味があり中々に美味しい。百年の何やらのような香ばしさはでは少々敵わない感じがあるが、香りが程良く好感が持てる。これは25度と加水してあるので原酒だったらどうなのか気になるところだ。。

水で割ってもしっかりと存在感はあるので食中酒としても良いと思う。これならお湯割りでもいけるかな??

ちなみに、肴はおせちの残りなどあり合わせで。明日から仕事だ。昼の呑みはこの辺りにて。。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-01-03 16:55 | 焼酎
b0092678_1653833.jpg
明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

人生で日記を書いたことがなかった(三日ならありますが・・)私が、一年以上の長きにわたりブログを続けることができたのは、ここにお越しくださる皆様方のおかげです。

相変わらずの拙い文書力に表現力、おまけに誤字や間違いが多い我がブログですが、日々精進する所存でありますので、本年もよろしくお願いいたします。せめて間違いは無くさないとね(^^;

皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

  平成十九年 元旦
[PR]
by sakenomi_don | 2007-01-01 13:51 | ごあいさつ