呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0092678_23211496.jpg
本日は昼過ぎから時折胃がチクチクと痛かったため、如何にも身体に良さそうな有機栽培のビールで軽い晩酌とした。

「調子が悪いなら呑まなければいいだろう!」との声が聞こえてきそうですが、至極ごもっとも。

でも呑むと胃の痛みが治まる(感じなくなる?)ような気がして、呑みたくなるときがあるんですよね。。

そんな言い訳がましく呑んだのは(^^;)国産第一号の地ビールである「エチゴビール」の「有機栽培プレミアムビール」。

ラベルには「このビールは、有機栽培大麦100%とホップ、水だけを原料にしてつくられたピルスナータイプの生ビール」とある。

栓を開けると泡が上がってきてこぼれそうになるほど勢いがある。写真には写っていないが瓶の首が長いのはその為かな?

ゆっくりとグラスに注ぐとそれほどの勢いはなかったが、良い香りで甘味があり、その辺りの余韻も感じるが呑みやすさもあり美味しい。

後に一番搾りのチルドビールを呑むと、香りは断然に「エチゴビール」が良い。味わいはキリンらしい少しピリッとしたなかにも甘味があり美味しいのだが比べてみると違うなぁ。。

ところで、有機栽培のお酒。清酒や焼酎、ワイン(はもっと進んだ考えなのかな?)にも増えつつあるようで、自然志向というか自然回帰というか、これからのひとつの大きなトレンドになるのかな。

などと考えながら、本日の呑みはここで終わり。麻酔は効かなかったようで結局胃腸薬を飲みました。。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-03-25 23:21 | ビール
b0092678_2342502.jpg
本日は個人的に期待大の、キリン「ザ・ゴールド」の発売日。寒い日ではあったがやはり外せないでしょう。。

ということで、乾杯はもちろんキリン「ザ・ゴールド」。

呑んだ第一印象は、「苦味はどこ?」。。スッキリ呑みやすくて美味しいともいえるが、「これってビール?」と思わず缶を見返しそう・・。

う~ん、これがキリン100周年の答えなのか。。。期待が大きすぎたのかも知れないが、少なくとも私好みとは言い難い味であった。花粉症で鼻が詰まっているのも影響しているのかな??

まぁ、夏場にゴクゴク呑むには良いかなとも思うが本日はちと寒すぎたかな。。
b0092678_23431293.jpg
そして晩酌本番は、「亀齢万年 純米吟醸原酒 五拾生」を冷やにて呑んだ。

この「亀齢万年」は開栓して十日ほどにり、華やかな香りと米を感じさせる力強さが幾分落ち着き、辛味を強く感じるようになった。

本日は二人で三合ほど呑んだと思うが、こちらは私好みと感じ旨かった。

考えてみると、ここのところ清酒ばかりで焼酎をあまり呑んでいない気がする。そろそろ焼酎を呑もうかな。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-03-20 23:45 | ビール
b0092678_0323946.jpg
三寒四温で徐々に温かくなっていくかと思いきや、今年の気候は例年通りとは行かないようで、今回の寒の戻りは真冬のように感じるくらい寒い。名古屋の明日はより寒くなるようだ。

そんなこともありまだまだ鍋も恋しく、今宵は初挑戦の粕汁を主菜の晩酌とした。事情により買い物と調理が私担当だったこともあり肴は他に焼津産鰹のタタキ、地元産しらす、後にスーパーの寿司など色々であったが美味しく頂けた。

ちなみに酒粕は飛騨の天領の品でその粕汁にと、酒は昨今話題かと思える三重名張は木屋正酒造の「而今 おりがらみ」を合わせた。

燗に付けたいところであったが、先ずはオリを見ようとグラスの冷やで呑んだ。爽やかな香りがあり冷たいと少し渋味も感じるがバランスが良くスッと切れていく感じでスイスイ入ってしまい、結局最後まで冷やで呑んだ。

もちろん二人ではあるが半分近く呑んでしまった「而今」はやはり美味しい。この「おりがらみ」に限って言えば「而今」でしか味わえないというような個性は感じなかったが、鰹のタタキにも後の寿司にも美味しく良い食中酒と感じた。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-03-18 00:33 | 清酒
b0092678_22264340.jpg
ここ数日は寒の戻りで真冬のような日が続いておりますが、「あれ?春がきてしまったかな??」と思っていた、ある日の晩酌。

この日は、例年より早めに出回っているかなと思える春野菜の天ぷら、あさりの酒蒸しなどに、酒は会津若松の「末廣 初しぼり 純米原酒生」を少し冷たいほどの冷やにて合わせた。

この「末廣」、求めたのは昨年であり、06.11月製造の初しぼりであったがこの日まで冷蔵庫で眠っていた。ラベルにはアルコール度と精米歩合のみで詳細なスペックは不明です。。

味わいは原酒生を感じさせない円やかさとスッキリ感、そして私好みの程良い甘味があり美味しく呑めた。

後日、厚揚げの煮物と味の塩焼きなどに冷やほどで呑みきったが旨かったなぁ。

これはどこで求めたか忘れてしまったが、また呑みたいと思わせる美味しい清酒であった。デパ地下で求めたような気もするが、見つけたら即買いだ!
[PR]
by sakenomi_don | 2007-03-16 22:27 | 清酒
忙しかった仕事も一段落して落ち着きを取り戻した本日。百貨店の物産展巡りをしてゆったりと過ごした。

物産展は北海道展を二店はしごして後に鹿児島展と三店舗巡った。鹿児島展では限定の(定価で買える)プレミア焼酎もあったが今回はパスした。焼酎は在庫がたまってるんですよねぇ。。

物産展では、北海道展のコロッケのみ、デパ地下で宮崎産のキハダマグロの刺身をもとめ晩酌の肴とした。

呑みは 「亀齢万年 純米吟醸 五拾生」を冷やにてスイスイと呑んだ。。
b0092678_0264356.jpg
「亀齢万年」は久しぶりの呑みになるがやはり旨いなぁ。程良いと思える良い香りで、米の旨味をしっかりと感じることができるが切れも良い。

先回呑んだときは「旨い酒は少量でも満足できる」と書いたが、体調により色々ですな(^^;)

で、一升瓶の半分ほど・・・。もちろん二人ではあるが呑みすぎだ。。。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-03-09 00:27 | 清酒
私には珍しいことであるが、ここ二週ばかり仕事が忙しく少々てんぱっております。。

そんな今宵の晩酌はビールがメイン。呑みはリニューアルしたヱビスの黒「ヱビス<ザ・ブラック>」をヱビスとのハーフ&ハーフ、後に開栓済みの焼酎を数杯お湯割りで呑んだ。
b0092678_0371019.jpg
私は基本的に日本の大手ビール会社の濃色ビールは、妙(個人的な感覚です)な甘味を感じて、あまり美味しいと感じてはいなかった。。とは言え、ギネスは好きな銘柄であり常にストックしておく程なので濃色ビールが苦手と言うほどのことは無いと思うが。。

さて、ヱビス<ザ・ブラック>。以前の「ヱビス黒」と直接比べたわけではなく、上に記したように今回はハーフ&ハーフで呑んだためハッキリとした違いは判らなかったが、「ヱビス黒」単体で呑んだときに時に感じた甘さが残るような、もたっとくるような感じはなく美味しく呑めた。

ヱビスのホームページに「2007、ヱビスは新しくなる」とあるので、きっと進化しているのでしょう(^^;)

新しいヱビス<ザ・ブラック>、これは常備しておいても良いと感じた。

そして後に、こちらも上記の通り焼酎(麦)のお湯割りを二銘柄呑んで、疲れもありフラフラ。。。この記事を書きながら三度ほどダウンして半分寝ながら書き上げました(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2007-03-07 00:38 | ビール