呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

b0092678_14311991.jpg
お久しぶりの更新となりますが、その間は仕事に私生活にと忙しかった。とは言え、ブログの更新が出来ないほどの忙しかった訳ではなく、どちらかと言えば精神的余裕がなかった感じであり、相変わらず毎日のように呑んでいるし晩酌の写真も撮っていた(^^;)

サボり癖がついてパソコンに向かう気力が出なかったと言うのが正直なところかな。感情の起伏が激しいかも。。

それはさておき本日の晩酌。肴は沼津で加工された真ホッケの干物などに清酒を開けた。開けたのは、掛川の「開運 ひやおろし」で昨年呑んで一週間(三回)で空けてしまったほど美味しかったのだが、今年は入手していなかった。というのも、清酒の旨さに目覚めて間もない私としては色んな銘柄が呑みたいんですよね~。

しかし、私が師と仰ぐ太鼓持さんが旨い!絶対旨い!と仰る(もちろんブログで)ので、どうしても呑みたくなり入手した次第だ(^^;

そんな「開運 ひやおろし」を早速開けて呑んだのだが、やはり旨い。どこか突出しているところはないのだがバランスが絶妙で、私流に言えば、程良い甘味があり旨味を残しつつ切れる感じで、いくらでも呑めてしまいそうだ。

とは言え限度はあるので最初は冷やで一合と少し、後に燗で三合ほど呑んだのだが、私好みの甘さが引き立つぬる燗がやはり旨い。

実はネタ的にオマケに付いていた松竹梅のアルミのチロリ(写真)を使ってみたのだが、冷やでは圧倒的に錫が旨い。燗にはアルミのチロリを使わなかったが、比べると微妙に金属の味が移るような気がした。アルミがどうと言うことでなく、錫の効用なのかな?

まぁ、それはどうでも良いことだが、この「開運 ひやおるし」は今年もすぐに空いてしまいそいだ。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-10-28 23:59 | 清酒
b0092678_14374762.jpg
本日はいつもの晩酌。

肴は連夜のおでんに夕刻求めたお造りを追加。

酒は「天青 風露」を冷やにて二合五勺ほど呑みきり。神奈川県は熊澤酒造の特別本醸造酒で価格は一升瓶で二千円を切る。

口開け以来ずっと常温で放置していたが、とろりとして甘味があり美味しい清酒だった。

この美味しさでこの価格、何の文句がありましょう♪
[PR]
by sakenomi_don | 2007-10-13 23:59 | 清酒
b0092678_1446271.jpg
休肝日明けの本日。昼から休みを取って北海道物産展をハシゴしてきた。物産展好きなんです。。どんだけ~~!!

行ったのは、松坂屋と三越だが、ロイズのソフトクリームを食べて、コロッケを買ってきただけで、特に収穫は無かった。いつもはラーメンを楽しみに行くのだが、今回は昼食を済ませてからの腹一杯であったし、晩酌の肴は決まっていたのでラーメンは我慢だ・・。

その晩酌。肴は妻が前日から仕込んでいたおでんで、酒は残り一合五勺ほどの「田酒」を呑みきり、後に「男山 気酛純米」のカップ酒を呑んだ。

この「田酒」は、8月19日(バイクの日^^)に口開けしたので、空けるのにふた月程掛かったが十分に楽しめた。やはり美味しい清酒ですね。

「男山」は「田酒」の後ではちょっと物足りない感じかな。。

そろそろ清酒の在庫が寂しくなってきた。。土日に何か仕入れるかな。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-10-12 23:45 | 晩酌
b0092678_14521637.jpg
10月10日、数年前までは体育の日だった平日。かつては晴れの特異日ということで、東京オリンピックの開会式の日に選ばれたという話もあるが、実は他の日と大差ないとか・・。ちなみに名古屋は晴れて暑かったです。

そんな暑かった日の晩酌。肴は豚ネギマなどに、東京都の青ヶ島焼酎「青酎」を呑んだ。

この「青酎」、さつま芋、麦、麦麹で醸した焼酎で、外呑みでは何度か呑んだことはあるが晩酌では初になる。

味わいは、アルコール度が35度と少々高い事もあり、はじめは辛いと感じるが、氷が溶けて薄くなってくると、麦の香ばしさと芋の甘さを感じることができ美味しい。

ポテサラが大量にあったので、チビチビとつまみながら半分近く(もちろん二人で)呑んでしまった。。

いや~、美味しかったなぁ。で、バタンキューでした(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2007-10-10 23:55 | 焼酎
三連休最終日の本日であったが、な~んにも予定は無いことであるし、朝は叉焼、昼からは、鶏ガラスープを仕込んだ。どちらも簡単ではあるが、手間と時間だけは掛かるんですよね~。。
b0092678_14565620.jpg
といったことで、晩酌はその鶏ガラスープを使って本格的な博多風水炊きを肴とした。水炊きの仕込みは以前記事にしているが、太鼓持さん宅の真似をした私ですので、興味のある方はリンクにある太鼓持さんのところをご参照くださいね。

ちなみに、半日仕込むとスープはこんな感じになります。先ずは、その手間の掛かったスープだけを味わうのが博多流。私は塩少々と柚子胡椒を少々入れていただきます。う~ん旨い。
b0092678_1457788.jpg
そして、最初に肉だけを入れていただくのが博多流。う~ん美味(^^;)

酒は、三重県は木屋正酒造の「而今 特別純米 九号酵母無濾過生」を冷やにて呑んだ。冷やと言っても晩酌の三時間ほど前から冷蔵庫から出しており、しっかり常温に馴染んでいると思われる。どうでも良いことだが、冷やと冷酒は私なりに使い分けております。

さて、こちらの「而今」、勿論旨いのだが、吟醸香というか甘い香りが、最初は水炊きに合わないように感じた。しかし、少し経つと空気に触れて香りが落ち着くのか良い感じだ。

勿体ないので「而今」は二合ほど残して、先日呑んで残り一合ほどの「宗玄 無濾過 生原酒 」を呑んだが、旨いなぁ。

本日の酒、勿論どちらも旨いのだが比べてしまうと「而今」が少々若いような印象に感じた。これはどちらかが優れていると言うわけではなく、目指す造りの差であると思われるが、今回に限って言えば「宗玄」が一枚上手かな。
b0092678_14571782.jpg
〆は、当然ながらこちらで腹一杯で満足な晩酌となりました。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-10-08 23:55 | 清酒
b0092678_1544152.jpg
10月7日。ハッピーマンデーのおかげで、観光に丁度良い季候の秋に三連休が続いて嬉しい限りですね。いや、小さなお子さんを抱えてる家庭には悩みの種かな!?

そんな三連休の中日、皆さんは如何お過ごしですか?私といえば、相変わらずゴロゴロと呑んだくれていますよ^^。

さて何もなかった休日の晩酌、宮崎は松露酒造の「松露 くろむぎ」を呑んだ。「松露」の芋は以前から呑んでいるのだが、こちらの麦は初めてになる。

この「松露 くろむぎ」は、麦の黒麹仕込みの常圧蒸留で三年間貯蔵した品であり、これだけでも呑みたいと思うスペックなのだが、こねくろさんと太鼓持さんが共に美味しいとの事(ブログ上)であり、以前より呑みたいと思っていた。

ロックで呑んだのだが、やはり旨い。程良い芳ばしさと甘さで、しっかりとした味わいがあるのだが、まろやかで呑みやすくて旨い。常圧蒸留で粗濾過のしっかりした味わいと長期熟成のまろやかさが上手く調和しているようだ。

残りは二合弱となってしまったので、お湯割りも試してみたいのだが、暑がりの私はロックで呑んでしまうかな。。
[PR]
by sakenomi_don | 2007-10-07 23:59 | 焼酎
b0092678_157508.jpg
10月のいうのに日中は暑いと感じたほどの本日。食前酒的に最後のヱビス中瓶を呑んだ。最後と言うこともあるのか、いつもに増して旨かった^^。

晩酌は、レトルトの「赤鶏炭火焼き」や名古屋では定番の「どて煮」など簡単なものに、「赤霧島」を水割りで呑んだ。

氷を少し入れた六四ほどの水割りで呑んだが、程良い華やかさと甘味があり、やはり美味しいっすね。

で、秋の花粉で鼻の具合が宜しくない割には少々呑みすぎてしまったな。。呑んだのは一合と少しだったと思うが、鼻が詰まって頭が痛い。。。ぢゃあ呑まなければ良いのにね(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2007-10-05 23:07 | 焼酎