呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

気のせいではないな・・

b0092678_1628796.jpg
5月9日の晩は、気のせいでなく近頃確実に多くなっている洋風メニュー。何度も書いているようにこれは妻の好みである。私も嫌いではないので文句はないのだが、先日もパンターニでワインを呑んでいるしなぁ。

まぁ、どんな料理でも好きな酒を呑んでしまえば良いことではあるがこの日はワインも準備してあったので温和しく引き下がった。

さて、先ずはソテーやマリネなどにイタリアワインの白で、軽めの料理にはまずまず。
b0092678_16511528.jpg
メインは鶏モモ肉のバルサミコ風味にキアンティーを。こちらはチョイチョイ呑んでいるが値段の割にはしっかりした味わいがありまずまず。

念のため記しておくが、まずまずはワインのこと。料理は勿論美味しくいただけた。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-05-25 17:02 | ワイン
b0092678_22301559.jpg5月6日、ゴールデンウィーク最終日は、リニューアルして一週間ほどの「パンターニ」へ初訪問。

「パンターニ」のリニューアルは、先にお伝えしたようにカウンターの一部を削ってテーブル席を設けたのだが、評判は上々とのこと。

先ずはアスパラの生ハム巻きをいただきつつヱビスで乾杯。

続いていつものハウスワインの白。。

料理はアサリのワイン蒸しに豚バラのグリル、トマトとバジルソースなど。

b0092678_22593421.jpgそして、パスタをいただきつつ、ワインは我らにはチョイと上等な赤へと。

料理と前後するが、パスタはこんな感じで三皿たいらげた。。

先ずは白と赤の変わり目に、エビのトマトクリーム。酸味が心地好く白にもグゥ~。

続いて、モッツァレラのトマトソース。濃厚なトマトソースがチョイと上等な赤にもグゥ~。


〆は、メニューには無いフレッシュトマトとバジルのペペロンチーノで、調子にのって注文したジンストにもグゥ~、グゥ~~♪

腹一杯の酔っぱらいでございました(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2008-05-19 23:20 | 外呑み
b0092678_23484512.jpg
5月5日、こどもの日。だからと言うわけではないのだが、晩酌のつまみは鶏の唐揚げにポテサラなど子供大好きメニュー。精神年齢が子供の私は勿論好きですがね(^^;

酒は有名な「佐藤」の麦。麦の甘味と芳ばしさでしっかりとした味わいがあるがキレも感じて中々。ちょっと呑みすぎたかな・・・。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-05-18 23:58 | 焼酎
b0092678_20413742.jpg
5月3日、中々実生活に追いつかないゴールデンウィーク初日の日記。

肴は何だったか忘れてしまった(^^;

酒は、三月の終わりに口開けした「宝寿 八反錦」を冷やから燗にて。

15BYで無濾過生原酒の「宝寿」であったが口開け時は華やかさと甘味があり、ラベルの見るまでは新酒と見紛う感(単なる味オンチ!?)があった。いや、ピチピチとしたフレッシュ感は無いのでそれは大仰な表現になるが、まだまだ開くといった印象があった。

燗につけるとキレは良くなるものの先回の晩酌でもあまり印象は変わらず、少し寝かせておいた。

と、何やら偉そうなことを書いたが、結果印象はあまり変わらかった。。徐々に力強さが増すような感じはあったのだが、甘味があり、無濾過なのにどちらかと言えばキレイな印象。まぁ、それだけ造りが良いということか。
b0092678_21375554.jpg
5月4日は先に記したベランダ焼肉。この日はベランダ菜園にとバジルを植えた。夏前にはパスタなんかに使えるかな♪
[PR]
by sakenomi_don | 2008-05-16 21:49 | 晩酌

近頃多いかな!?

b0092678_220242.jpg
5月2日、ゴールデンウィーク直前の晩は洋風メニューにワインを合わせてのディナー。何度の書いているが妻はこんな洋風な感じが好みだ。

清酒や焼酎を呑みたい私に合わせ和風な料理が基本の我が家ではあるが、先回は4月27日で間にパンターニを挟んでいるし、近頃は洋風率が高いような・・。

それはさておき、瓶をリサイクルに回してしまったので詳細は不明のワイン。白は値段の割には良い感じ。。
b0092678_22243757.jpg
赤は、今回のような軽めの料理には、しっかりした感じもあり美味しくいただけた。かな(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2008-05-15 22:32 | ワイン
b0092678_2052511.jpg
4月28日。肴は蓮根の包み揚げなど。

酒は、揚げ物には焼酎を欲する私。大分県佐伯市はぶんご銘醸の麦焼酎「黒むぎ 杜谷」を開けた。

揚げ物にはバッチリの「黒むぎ 杜谷」であるが、他の肴にはイマイチだった。甘味が強いからかな?
[PR]
by sakenomi_don | 2008-05-13 21:07 | 焼酎
b0092678_21565132.jpg
4月27日は洋風メニューに洋酒のディナー。

私の好みに合わせて和食に清酒や焼酎の晩酌が多い我が家ではあるが、妻はワインが好みだったりする。で、偶にはこんな感じの晩酌、、いや、、ディナーとなる。

先ずはCAVAの「SARDA CAVA BRUT」にて乾杯。CAVAは最低9ヵ月の瓶熟が義務付けられているそうだが、これは2年熟成もの。豊かな泡立ちでお買い得と思える価格の我が家の乾杯に相応しいワインだ。

b0092678_23273683.jpgメインは赤で「CHATEAU CHAMPCENETZ 2000」を開けた。

調べると木樽発酵・木樽熟成と手間の掛かる造りの割にはリーズナブルとある。

しっかりとした味わいがあり、味の濃い肉料理には好相性と思える中々良いワインだ^^。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-05-10 23:28 | ワイン
b0092678_1418057.jpg4月の下旬の記録。

23日は週一の休肝日をもってきた。ここのところ生活が乱れていて(?)ブログを書くのもままならないが、何とか週一の休肝日は続いている。

24日は所用にて夕刻に妻と合流して後に外呑み。先ずは新栄にある居酒屋「つみき」へ。実は新栄で他に行きたい店があったのだが、リサーチ不足で見つけることができず馴染みのこちらに落ち着いた。

b0092678_1448373.jpg先ずは定番のどて煮とネギ焼きなどにモルツの生で乾杯。

生は2杯ほどで焼酎のお湯割りとし、オススメの目板鰈の唐揚げを追加。

身はフワフワで骨はカリカリ、全ていただけて旨かった。揚げ加減が絶妙で家では中々こうはいかないだろうな。「つみき」はこの辺りで〆として栄へ向かうことに。

b0092678_1525128.jpg行ったのは「焼酎BAR リー」で、妻が気に入っていることもありこちらも馴染みだ。

軽くつまんで焼酎を数杯。相変わらず心地好い店で寛ぐ事ができた。いつもごちそうさま^^。


25日は職場の歓送迎会で宴会メニューに飲み放題。最後に一品モモ肉の炭火焼きが出た以外、料理の殆どが魚介系であり途中から飽きがきた。それぞれは美味しいのだがメリハリが欲しい感じだ。酒は瓶ビールで乾杯、後は麦と芋の焼酎お湯割りを数杯で良い感じの酔っぱらい。

26日はいつもの晩酌。以上、写真をひもといての記録でした。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-05-10 16:21 | 日々あれこれ
b0092678_20215788.jpg
4月22日。肴は清酒向きな感じではあったが、麦焼酎を開けた。

タイトルの「珍しいかな・・」は、その麦焼酎が石垣島は請福酒造の沖縄産であること。請福酒造は花粉症に効くと言われる「請福ファンシー」でお馴染み(?)とも思われるが、50年以上の歴史がある泡盛蔵であり、勿論しっかりした泡盛を造っている。

その請福酒造が新たな試みとして挑戦した麦焼酎が「請福 むぎ」であり、一般的な麦焼酎と違うのは泡盛の製法を応用した全麦麹仕込みであること。因みに1999年のヴィンテージがついている所謂クースーだ。

さて呑んでみると、意外に美味しいと言うのが第一印象。意外にと言うのは失礼な気もするが、泡盛の新酒で時折感じるクセが無く、ピリピリした感じが無く、まろやかで呑みやすかったから。

ただ、私には泡盛との違いがあまり判らなく(^^;)麦がどうしても必要とは思えなかった。でも古酒にしては買い得なのでまた買っても良いかな。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-05-08 22:15 | 焼酎
b0092678_1523235.jpg
4月21日、近頃サボっておりまして記録的な日記にて失礼します。

肴は鰆を使っての自家製すり身揚げに蕗の煮物など。揚げたてのすり身揚げが旨かった。詳しくは知らないが、すり身揚げは五島列島での呼び方でさつま揚げと同じような物かな。

酒は島根県は若林酒造の「開春 西田 純米気酛仕込」を開けた。蔵の地元である温泉津(ゆのつ)町西田産の山田錦を蔵付き酵母で醸した無濾過生原酒だ。

先ずは冷やで呑んだが思いの外酸味が穏やかな綺麗と思わせる酒質でスイスイいける。燗につけるとそのまま膨らみが増す感じで旨い。

「dancyu」を見て呑みたくなった「開春」であり、ミーハーな私は木桶仕込の「倇(おん)」が欲しかったのだが残念ながら売り切れでこちらを求めた。しかし、こちらの方がクセが無くて私には呑みやすいかもね。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-05-05 16:54 | 清酒