呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー

<   2008年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

b0092678_2201310.jpg
6月7日、土曜日。肴は有り合わせ。酒は本醸造酒の「群馬泉」を燗にて。まったりとして甘味があり必要にして十分。

と言いながら色々と呑みたい私(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2008-06-30 22:07 | 清酒
b0092678_2272876.jpg
6月6日、週末。我が家の定番麦焼酎、「旭 万年星」を開けた。

肴は、妻が体調不良だったこともあり、私が仕事帰りに買い物をした食材にて簡単に拵えて貰った。

酒は言うまでも無く美味しい♪

呑みすぎたかな(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2008-06-29 22:20 | 焼酎
b0092678_21283136.jpg
6月5日、休肝日を挟んでの晩酌。肴は子鮎の天ぷらなんかに、岐阜は中島醸造の特別純米「子左衛門」美山錦を口開けした。因みに子鮎は琵琶湖産の天然物とのこと。

合わせた清酒。地元愛知のお隣、岐阜県の「子左衛門」で、良いとの評判は聞くが、比較的入試し易いこともあり未呑みであった。しかし、お気に入りのブログを拝見していて呑みたくなった品(^^;

中部には比較的多いが、山里にある清酒蔵の特徴かな?華やかな香りと程良い甘味があり、少し冷たい程の冷やにて美味しくいただけた。既にお分かりかと思うが、四合瓶なので勿論空に・・。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-06-29 21:59 | 清酒
6月3日はまたまた洋風。
b0092678_2052389.jpg
肴は良いが、白はチョット寂しい感じ。。キンキンに冷やしていただいた。

赤は、まあまあ。
b0092678_20541363.jpg
お腹一杯の満足で御座いました^^。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-06-29 20:57 | ワイン
b0092678_11415482.jpg6月2日、月曜日。そろそろ梅雨入りであり、日中などは夏を感じる昨今。

ゴーヤチャンプルーをつまみに、昨年夏に妻が行った沖縄旅行土産の「琉球あわもり味くらべ」を呑んだ。

一瓶100mlが5本と、調子に乗れば(^^;)一晩で空いてしまいそうにも思えるが、今回目出度く空となった。暑くなると大概は先ずビールなので消費量が少ないと言ったこともあるが、空くのに一年もかかったのは、単純に合わせるつまみが無かったから。かな。。

「時雨」と「瑞泉」以外は未呑みであったが、それぞれに個性があり、それぞれに美味しかった。次回の土産は四合瓶くらいが嬉しいかな^^。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-06-29 12:33 | 晩酌
b0092678_22292227.jpg
6月1日、日曜日は昼から酔っぱらっていることもあり、晩は軽めにいつもの晩酌。4月後半に開けた、開春「西田」純米気酛仕込を呑みきった。

空くのには晩酌が四度ほどと少々時間は経ったが、主に燗にて美味しくいただけて満足。

料理の酢の物などは好きではあるが、清酒の強い酸味は苦手な私。そして気酛と言えば酸味が強い印象があるのだが、こちらは燗につけても程良い酸味と感じた。

優しい蔵つき酵母の影響でバランス良く仕上がったのだろうな。いや、それも技術の成せる技だろう。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-06-23 23:01 | 晩酌
b0092678_20142784.jpg
5月31日の晩酌。夕刻の日記に書いた通りここのところ慌ただしく過ごしていたので久しぶりにゆったりと休日を過ごした。

肴は舌平目のムニエルなどに清酒を口開け。舌平目のムニエルといえばワイン向きな気もするが私は清酒が呑みたい気分であり、料理を二様準備して貰った。即ち和風の肴と洋風の料理であり妻はワインを・・・。

普段はそれ程我を張らないのだが、共に買い物をしたこともあり和風の肴も快く拵えてくれたので、偶にはこんな晩酌もありかな。。

その清酒、徳島は芳水酒造の純米生原酒「高柿木」ムロカ中取り36号の16BYであり、実はこちらも先日の「池の鶴」の日記同様に太鼓持さんの記事を拝見していて欲しくなり、慌てて買いに奔ったモノ(^^;

慌てた理由は既にお分かりかと思うので省略するが、私が入手できたのはこちらの他に一品と少々寂しく、残念ながら気酛は無かった。。

とはいえ、共に16BYと熟成されているものなので、それはそれで嬉しかったりもする。

さて、味わいは当然ながら美味しく、一人で呑むには勿体ないお酒だ。いや、それはそれで嬉しかったりして(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2008-06-22 21:30 | 清酒
b0092678_20584518.jpg5月31日土曜日、先週は旅行の準備などもあり忙しくしており、自宅で寛ぐ久々の休日。

昼間は汗ばむような陽気なこの頃であり、風呂上がりにはこの時期の我が家での定番、枝豆にビールとなる。

ビールは、キリン「一番搾りスタウト」で、こちらも久々。果たしてコレが枝豆に合うかは別にしても割と好きなビールだ。「一番搾り」なのに副原料は無しであり、キリン「スタウト」よりスッキリとした飲み口が好みだったりする。

とは言え下面発酵のこちら。果たしてコレがスタウトと呼べるかは疑問が残る。。その辺りは詳しくないので(^^;)興味のある方は「麦酒新報」の解説ページをご参照ください。

まぁ、その本格的ではないスッキリ軽い飲み口が私の好みに合っているのだが・・。美味しければ何でも良い節操のない私でございます(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2008-06-21 22:01 | ビール
b0092678_22381793.jpg
5月30日。横浜旅行から帰り、休肝日を挟んでのこの日。焼酎の在庫は売るほどあり(^^;)成る可く入手の順に呑むようにしているのだが、他を押しのけ入手して間もない「池の鶴」を開けた。

と言うのも、リンクにあるブログ仲間(と言いますか師匠と仰ぐ)太鼓持さんが美味しそうに呑んで居られるのを何度か拝見しているうちに我慢できなくなったからだ。。

肴はレバ刺しで、こちらも(暫く前になるが)太鼓持さんが美味しそうに食べて居られるを拝見してどうしても欲しくなり、注文してから切り出す店をやっとの思いで探しだし、それから贔屓にしている店の物(^^;

さて、「池の鶴」。「さつま寿」で有名な鹿児島県は尾込商店の芋焼酎であるが、「さつま寿」取扱店以外での取り扱いになり、目にする機会は少ないと感じる、一部では入手困難で貴重な銘柄。

アルコール度が28度と少々高めなこともあるのか、キレがあるのだが程良い甘味にしっかりした味わいがあり、やはり旨い。

で、つい呑みすぎてしまうのだが、勿体ないし困ったもんだ(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2008-06-18 23:11 | 焼酎
b0092678_21453683.jpg5月28日、土産に崎陽軒の焼売を携え、はじめての「のぞみ(N700系)」にて横浜を後にした。

のぞみは快適ですな~♪

新幹線の中では毎度ながらこんな様子だ。大騒ぎしているわけでは無いが迷惑に感じている人が要るかもね。。

私は基本出不精であり出張で遠出することも基本無い。そんなこともあり旅行となると、ついはしゃいでしまう。っていうか、遠足なんかの時の子供と一緒かな(^^;

そんな時間はあっという間で夕刻には帰宅。のぞみは早いですな~(^^;

b0092678_22194286.jpgそして晩は、いつもの「パンターニ」へ。

旅行の後は「パンターニ」へ行くことが多いが、ここは料理が美味しいのは勿論であり、気心が知れていて落ち着くから。

翌日からは仕事だ。軽くつまんで軽く呑んで軽く土産話をして、早めに帰りバタンキューでした。
[PR]
by sakenomi_don | 2008-06-16 22:31 | 日々あれこれ