呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0092678_21282017.jpg10月25日、日曜日。

コンビニやスーパーでは中華まんやおでんが並び始めた昨今。そろそろ鍋が恋しくなる時期ですな。

そんな今宵の我が家の肴は水炊き。肴が水炊きってのも何だか変だが、その辺はさらっと流して・・。

その水炊き。我が家では何時ぞやから博多風の水炊きにハマっている。博多風と言っても、名古屋の人間であり本場の作り方を教わった訳ではなく、ブログなどのネットで見聞きして作っているだけだ。

簡単に説明すると、鶏ガラで出汁を取って、それで鶏肉とキャベツ(白菜でも良いが博多風と言えば・・)、他に好みの野菜を炊く、と言ったもの。名古屋辺りでは昆布だしで炊くのが標準的だと思う。

今回は、夕刻買い物に行ったときに鶏ガラを見て急に思い立ったので、圧力鍋を使い時間短縮をしたのだが、割と良い感じに仕上がった。
b0092678_22304829.jpg
合わせた酒は、球磨焼酎「無濾過 自我田」をロックにて。水炊きにはどんな酒を合わせれば良いか今ひとつピンとこないのだが、熱い鍋には冷たい酒が呑みたいと思ってのセレクトだ。

それはさておき、この「自我田」は美味しいね。オーガニック特有とも思える、優しい味わいに円やかな甘さがあり好きな焼酎の一つだ。米焼酎独特のクセが無く、インパクトに欠けると思われる方も居るとは思うが、これもまた個性だろう。

b0092678_22495787.jpg我が家の水炊きの〆はコレ。

少々汁っぽくなってしまったが、せっかく苦労して作った出汁なので全部平らげたいからね。

食い過ぎで苦しい・・(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2009-10-25 22:55 | 焼酎
b0092678_22575345.jpg
10月24日、土曜日。昼過ぎからビールやワインを仕入れに出かけた。スポンサーに妻を伴って出かけたわけだから、その後は当然ながらスーパーへ寄ることになる。

そこで「今日は簡単にステーキなんかでワインが呑みたい」と先に言われた。私が買い物について行くと「アレが欲しい~、コレが欲しい~」と聞き分けのない子供みたいに五月蠅いものだから先制攻撃を受けた格好だ。

私は特に希望があったわけでもないので、「何でもいいよ・・」と・・・。

そんな感じで洋風のメニューとなった夕食。ワインはチリの「コノスル」のスクリューキャップを2本。コノスルにも当然コルクキャップはあるが、スクリューキャップは安いワインの目印(と、一概には言えないのだが・・)でもある。とは言え、私にはコレで十分美味しいと思えるけどね。

料理は後に、ヒレステーキ。サーロインよりヒレが好みになってきた。年と共に好みも変わるもんですな。
[PR]
by sakenomi_don | 2009-10-24 22:56 | ワイン
b0092678_2238157.jpg10月18日、日曜日。

朝方などは寒く感じるほどで、晩酌にはやはり燗酒やお湯割りを欲する。

とは言え、休日などは風呂上がりに先ずはビールからが我が家の定番だ。

ビールは毎秋お馴染みとなった(!?)「琥珀ヱビス」。

色から受ける印象よりは少々スッキリした感はあるが、まぁ、恒例と言うこともあり美味しくいただいている。つまみには未だ枝豆を食しているが、この時期は茶豆が多く出回っているようだ。まだまだ美味しいよ。

晩酌本番は、肴の豚の角煮に合わせ、芋焼酎のお湯割りを呑んだ。

豚の角煮は、先日(連休明け)、栄にある「本格焼酎Bar リー」に言ったときに話していて無性に食べたくなり早速拵えた。「リー」のメニューからは消えちゃったからね。
b0092678_22544937.jpg

焼酎はさつま焼酎の「相良仲右衛門」。度数の30度にこだわりがあるようで、「焼酎の旨みが最も幅広く味わえる度数」とのこと。

求めた酒販店の案内に「やや多めのお湯で割ると甘みが出る」とあったので、五・五程に割ってみたが、私好みの甘みがありコレは良いね。

ただ、調子に乗ってる呑んでると、いつもより酔うかも(^^;
[PR]
by sakenomi_don | 2009-10-18 23:43 | 焼酎