呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0092678_23211832.jpg
本日は妻が体調不良にてあり合わせで簡単に済ませた事もあり、晩酌の写真は撮らず仕舞いだった。

って事で、ネタ的に「むかし恵比壽」を開けた。これはつい先日に妻が食品ロッカーを整理していたら奥から出てきた品。

ちなみに製造は「06.09」で当然ながら賞味期限は切れている。

味わいは何だかカビ臭い様な香りがしたが、、甘みがあって一瞬「ベルギービールかな?」と思わせる様な感じがあり、普通に呑めた。



私も体調不良にならなければ良いが・・・。
[PR]
by sakenomi_don | 2011-05-16 23:35 | ビール
立夏もとうに過ぎ、日中には体を動かせば汗ばむほどの陽気で長袖では暑く思える程。暦の上だけでなく肌でも夏を感じられるようになってきた。

気は早いが、そうなってくると不思議と夏の食べ物を欲するようになる。

b0092678_22402459.jpg

そんな暑かったと思えるこの日、久しぶりのゴーヤチャンプルーを肴に泡盛をロックで呑んだ。

その泡盛。実は残り一合ほどの一升瓶の最後だった。買い物中からこの「春雨」を意識していたので、一合ほどでは相当に寂しかった(T_T)

甘くて香ばしい「春雨 カリー」。「泡盛はクセがあって苦手」と言うような方にも自信を持って進めることの出来る美味しい泡盛だ。

味わいは別にして、量的に少々寂しかったので、後に少し「兼八」の原酒をチビチビと。こちらも残り僅かで・・・。
[PR]
by sakenomi_don | 2011-05-15 22:37 | 泡盛
最近、清酒は東北の蔵の物を呑んでいると書いておきながら、当ブログにはあまり登場していない。「ホントに呑んでいるの?」と疑問の声が聞こえてきそうだ。

そう思いつつも本日の晩酌は「小左衛門」。昨今評判が良くご存知の方も多いと思われるので、あえて書かないが・・・。
b0092678_21592123.jpg
その「小左衛門」の中でも、名古屋のとある酒販店の店主が蔵まで出掛け、自らが手柄杓で汲み上げた限定品で、東北の「と」の字も・・・(^^;

亀口から搾ったもの手酌柄で受けて直接瓶詰めした(のかな?)だけあって結構なピチピチ感があり、開けてから3回目の晩酌の本日でも勢いよく開栓できて気持ちが良い。

ピチピチ感とほんのり華やかさもあるが、相変わらず燗でいっちゃってます。美味しいね。
[PR]
by sakenomi_don | 2011-05-12 22:26 | 清酒
私(と妻が)好きな店の1軒で、足繁く通っている「本格焼酎 BAR リー」が、来週5月16日に10周年を迎える。

私たちが通うようになったのは、ここ数年であるし、「足繁く」の部分は些か誇張しているけどね(^^;

本格焼酎(+泡盛)をBARスタイルで提供する店は今では珍しくないだろうが、名古屋では先駆的な店であり、10周年を迎えると言うことは、そのスタイルが受け入れられている証拠だろう。

b0092678_22331665.jpg


本人から直接(まじめに)話を伺った訳ではないので真意の程は定かではないのだが・・、オーナーが甑島の「六代目 百合」の旨さに感動して開いた店との事で、「百合」が店名の由来になっている。

雑誌「焼酎楽園」にオーナーの紹介と焼酎のテイスティングが寄稿されているので機会があれば一度見ていただきたい。素敵な方でございますよ。

b0092678_23322038.jpg写真は先月25日に訪れたときの物。下手で申し訳ないが良い雰囲気の店だ。

近頃は、オーナーはどんと構える感じの週一ペースで、後は店長に任せている感じかな。

私たちも含め、オーナーは勿論、その店長の人柄に惹かれている客も多い。

10周年ウィークは、二人揃ってカウンターに立つようなので、久しぶりの二人の掛け合い(?)も楽しみだ。

10周年企画の詳細は店長のブログで。初めてでも構えるような店ではないので、興味を持たれた方は是非「リー」へ。
[PR]
by sakenomi_don | 2011-05-11 22:31 | 外呑み
前日の日記で触れたように、結構なペースで東北の清酒を呑んでいる。更新が滞っているので分からないけど(^^:)。記録に写真だけでもUPしたい気持ちはあるのだが、どうにも気分が沈みがちなんだよね~。

それはさておき本日の晩酌。栃木県は菊の里酒造の「大那」を開けた。酒度は「+10」でラベルにあるように超辛口だ。しかし、冷やではそれを感じさせない、「甘口?」と思うほど十分な旨味。

少し熱めの燗に付けるとスッキリとはするが、こってりとした肴の鰤の照り焼きにも負けない味わいがある。五味のバランスや酒米、熟成など色々な要素があるようで、、酒度だけでは分かんないね。

b0092678_2149385.jpg

因みにラベル裏には「23.5.7」のスタンプがある、できたてほやほやだ。
[PR]
by sakenomi_don | 2011-05-11 21:57 | 清酒
此処二月ほど、清酒は出来るだけ東北の蔵元のものを呑んでいる。とは言え、やはり色々と呑みたい私。。

で、本日は、奈良は大倉本家の「大倉 どSブレンド」を開けた。「どブレンド」とは「何ぞや?」と、ユニークなネーミングと思える、「あらばしり・中取り」以外の所謂「攻め」の部分を二種類ブレンドしたもの。
b0092678_2152291.jpg
美味しいね、コレ。好きな人にとってはCPも高いし。冷やでもいけるが、一日晴れていれば真夏日にも届きそうかとも思える暑かった本日の名古屋でも、やはり燗がいい。
[PR]
by sakenomi_don | 2011-05-09 22:44 | 清酒