呑んだお酒を記録するだけです。。


by sakenomi_don
カレンダー

<   2012年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

休肝日に豚汁など

b0092678_2332292.jpg

休肝日とは、(当たり前の話)酒飲みが酒を全く飲まないで肝臓を休める日のこと。肝臓の主な働きは、代謝、貯蔵、解毒、胆汁の生成の四つで、そのひとつの解毒、人間の身体には有害なアルコールを分解して無毒化する大切な働きをしているわけだ。

私にとっては大切な(心身の)栄養のひとつである酒が身体にとっては有害な物質とは、酒が無いと生きていけない人間のひとりとしては残念な話ではある。とは言え、これもひとえに肝臓が日々淡々と働いているお陰なんだよね。

まぁ、肝臓に負担を掛けるのはアルコールだけでは無いが、週一くらい酒を抜いて肝臓の負担を軽減するのも、先に渡って美味しく酒を呑むためになら然程苦にならないこと。今年はたった、あと10日ほどだ(><)
[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-31 23:59 | 日々あれこれ

解禁日に・・

いつもの「パンターニ」で、ここ何年かはこの時期になると呑んでいると記憶している「ファルネーゼ ヴィーノ ノヴェッロ 2012」を開けた。

ボジョレーヌーボーより一足早く解禁になるイタリアの新酒で今年から法律が改定され解禁日が10月30日となったそうな。

そんな事とはつゆ知らずにたまたま顔を出したらドンっと並んでいたので、せっかくとばかりにボトルでいただいた。

味わいは値段なりにしっかりしていて美味しい。と言っても飛行機便だから通常の船便と比べれば5割増くらいなんだけどね。まあ、初物ということでありがたく。

b0092678_23302495.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-30 23:59 | 外呑み
今秋は何尾食べたか。家計に優しい有りがたい、そして美味しい肴の秋刀魚。最近は刺身もスーパーでふつうに見かけるが私は塩焼きが好み。それに大根おろしとすだちがあれば言うことなし。

秋刀魚の塩焼きは醤油はかけずそのまま食し、大根おろしにはポン酢が私流。大根おろしは乗せて一緒に食べるのではなく秋刀魚を食べた後の口の中をサッパリさせるため。たかだか秋刀魚の塩焼きでもそれぞれに好みはあるわけだ。

酒は「奈良萬 ひやおろし」を燗にて。蔵の場所柄もあり、秋刀魚との相性は良いと感じた。今回の晩酌で残りわずかとなってしまったのが残念に思える。

酒と肴、どちらも秋の味覚の二品。晩秋というか冬直前、ぼちぼち最後となりそうだ。

b0092678_23285432.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-29 23:59 | 晩酌

宅ワイン

b0092678_23275296.jpg

私たち夫婦共々が好きな「パスタ&バー パンターニ」。もう5年以上のお付き合いになるので馴染みといってよいだろう。

とはいえ、今は月に1、2回訪れる程度と以前に比べると少なくなった。週1くらいで行きたいのはやまやまだが、家計上そうも言ってられないのが現状。

そんな事もあってか晩にワインを呑む回数が増えている気がする。休日の昼に呑むときもあるが、そうそう昼から呑んでいる余裕はないので仕方のないところ。

ただ、外呑みと同じ値段でワンランク上のワインが呑めるのは宅呑みのメリットでもある。

そんな少々良いワインをいただいた今宵。上質な時間とまではいかないが、気分の良い休日を過ごせた。
[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-28 23:59 | ワイン
普段の買い物はもちろん妻にまかせているのだが休日には私もついて行ったりする。ビールのケース買いやら重たいものがあったり、私の欲しいものもあったりするから。

その私の欲しいものが難儀で、後先考えずに欲しいものを買い物カゴに放り込むもんだから、予定より買い過ぎて妻の考えている予算を大きくオーバーしてしまう。

それでも必要と思えるものならまだよいが、菓子やカップ麺など無ければ無いで済むものが多い。

酒代もそうだが余計な買い物も確実に家計を圧迫しているので私は買い物にはついていかない方が得策だと思う今日この頃。

と言いつつ買い物について行き求めたのが本日の肴の刺身の盛り合わせ。いつも節約している妻には申し訳ないが私がついて行くと刺身も少し豪華になるわけだ。

酒は「奈良萬」のひやおろし。酒も肴も文句なしでございます(^^)

b0092678_2324513.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-27 23:59 | 晩酌
鶏唐揚げといえば麦焼酎。

ということで(?)「旭 万年星」をロックにて。

b0092678_23221782.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-26 23:59 | 焼酎

牡蠣フライに「奥播磨」

秋冬の味覚の代名詞のひとつと言える牡蠣。「生」か「焼き」が旨いという方が多いと思われるが、私は「フライ」が好み。

もちろん「生」や「焼き」も旨いがどんなに新鮮でも磯くささを感じてしまうから、その磯くさい感じがあまりしない「フライ」が良い。殻付きは高いから晩酌では特にね。

そして秋の清酒の代名詞と言えば「ひやおろし」。毎秋3、4本は買っているかな。今年は「開運」、「月山」、「奈良萬」と本日の「奥播磨」で都合4本になる。

清酒は年間通して燗で呑んでいるが、ぼちぼち涼しくなってくる秋から発売される「ひやおろし」は、その熟成感と相まってより旨いと感じる。山廃ならばなおのことだ。

b0092678_23211248.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-25 23:59 | 晩酌

またまた鍋で

b0092678_2320091.jpg

昨年あたりから増えてきたと感じるがスーパーに行くとレトルトの鍋汁の種類の多さに驚く。売れるから新規取り扱いが増えているのか今年は昨年に比べると倍くらいになっている気がする。

私の子供時分は鍋の汁をわざわざ買うことはなかったが、あれだけ多種多様なら選ぶ楽しさもあり好みに合う物もあるだろう。買う人が増えている結果なんだろうね。

また当然ながら美味しいからであり、自分では作れないようなものや本格的な味が自宅で手軽に味わえるのもよい。

我が家もそう。ここ2、3年買うようになり今は当たり前に美味しいと食べている。

今宵の晩酌はそのレトルト鍋汁、福岡はマルエ醤油の博多水炊きスープを使った。

以前は博多風水炊きといえば、鶏ガラから出汁を取り半日仕事で手間をかけていたが今は市販品が色々と選べて楽だ。

もちろん以前からも水炊きスープは売っていたが、それは専門店のスープで少々高価であり手が出なかった。しかし今は2~300円程度と簡単に試すことができる。

今回のスープもここら辺りでは今冬になって初めて見たもので、他には「もつ鍋」や「よせ鍋」もある。

味は気持ちあっさり目で、私の好みの濃厚な味わいとはチョイとちがう感じであるが十分に美味しいといえる。

これらも鍋が多くなりそうな予感。
[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-24 23:59 | 晩酌

ハンバーグ

ってことでワイン。美味しくいただいた。ちなみに翌日の弁当にも入ります(^^)

b0092678_2319098.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-22 23:59 | ワイン
長崎にある妻の実家より時折送られてくる鮮魚や野菜。鮮魚はここいら辺では手に入らない高級魚もあるが野菜は送料の方が高くつきそうで申し訳ない感じ。

それでも折りをみては送ってくれる。ありがたいことに、親にとっては子はいつまでもたっても子供なんだよね。

そんなありがたい頂きものが今宵の肴。ミズイカ(アオリイカ)の胴を刺し身にゲソを唐揚げにした。

酒は言わずと知れた「三段じこみ」のお湯割り。肴の旨さと相まって呑みすぎた(^^;

b0092678_122529.jpg

[PR]
by sakenomi_don | 2012-10-21 23:59 | 焼酎